【中学受験】私立中学の校風の違いを、分かりやすく話します。【志望校選択】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、
志望校に悩まれている方はいませんか?

中学受験で入れる私立中学の校風には、
様々なものがあります。

そこで本記事では、プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 中学受験の私立中の、さまざまな校風

について、話します。

是非ご覧ください。

具体的には、どんな種類があるの?

私立中学の校風って、
具体的にはどういうものがあるの?

そんな疑問がありますよね。

本記事が解説する学校の種類を、
記しておきます。

  • 男子校・女子校vs共学
  • 宗教系の学校
  • 規律重視vs自主性重視

以上です。

男子校・女子校vs共学

comfort room signage

まず男子校・女子校vs共学について。

両者には校風な違いがあります。

普通の公立中学は共学ですが、
別学の学校は、多いです。

男子校・女子校のメリット

まず、
男子校・女子校のメリットは、

  • 異性の目を気にせずに、のびのびとふるまえる。

ところです。

たとえマニアックであっても、
自分の「
好きなこと」をきわめて、才能をグンと伸ばし、
天職を見つけて、
社会で活躍する人材が育ちやすい傾向にあります。

いい意味での「オタク」傾向が強い生徒が多いです。

なので、別学の方が偏差値が高い傾向もありますよね。
開成とか麻布とか。

また、例えば女子校では、
文化祭や体育祭などにしなければいけない
力仕事もリーダーも、すべて女子が担う必要があるので、
自立心が旺盛になります。

学校生活に恋愛がからみにくい分、
一生ものの同性の友人を得やすくもなるでしょう。

デメリットもあります。

もちろん、男子校・女子校には、
デメリットもあります。

ずばり、

  • 異性間のコミュニケーションに疎くなる。

ことです。

中高一貫校から大学に入って異性と出会うと、
なんだか過ごしにくい感じがする生徒は、毎年いますよね。

男女共学か別学かは、
子どもの性格や、どのように育ってほしいかを考えながら選んでいくと、よいでしょう。

宗教系の学校

silhouette of brick cathedral with cross finial under blue sky

私立中学には、
宗教に基づく教育を行っているところもあります。

キリスト教系の学校

特に多いのが、キリスト教系の学校。

寺院が経営する仏教系の学校もありますが、
宗教校は、キリスト教系が断トツで多いです。


キリスト教系は、大学にもありますよね。
上智とか、青山とかです。

キリスト教系の学校には、
カトリック系とプロテスタント系があります。

同じキリスト教ですが、

  • カトリック系=厳格
  • プロテスタント系=自由

という傾向がありますね。

宗教への取り組み。

宗教への取り組みは、
各学校によって、変わっています。 

  • 宗教が、ファッションとしてだけ存在する学校
  • 宗教の授業がある学校。お祈りがある学校。

などなど、様々です。

ただ、お祈りといっても、過去教えた生徒から聞くと、
実際寝ている人が多いそうです。(笑)。

入学は制限なし。

宗教の違いによって、
入学が制限されるケースはないのがほとんどです。

学校宗教=家の宗教

でなくてもOKということです。

家の信仰は代々浄土宗であっても、
キリスト教系の学校に通うことはできます。

メリットは多様性。

規律重視VS自主性重視

私立中には、

  • 規律が厳しい学校
  • 自主性重視のゆるい学校

があります。

あなたのお子様はどっちに?

この2タイプ、
どっちがいいのでしょうか?

基本的には、
お子様のスタイルに合わせてもいいでしょう。

  • まじめにこなすタイプの子→規律重視の学校
  • 他人からの命令を嫌う子→自主性の学校

どれくらい規律重視なのか、どれくらい自主性があるのかについては、

実際に学園祭、体育祭などに足を運び、
在校生を通じて校風を確かめてみることをおすすめします。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年3月4日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です