【中学受験】「スマホ依存症」から抜け出す方法は「テックブレイク」がおすすめ。【簡単にできる】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、
子供がスマホばっかりいじってて勉強に集中していない。

とお困りの方はいませんか?

本記事ではプロ家庭教師Edenの居村が
子供のスマホ依存をなくし、勉強に集中させる方法
について話します。

完全になくすのは、諦めましょう。

まず言いたいのは、

スマホを完全に子供から引き離すのは、
諦めた方が良い。

ということです。

現実的では、ありません。

なぜかと言いますと、

一度スマホに依存してしまった子は、親がスマホを引き離そうとしても、

  • 隠れてスマホゲームをする。
  • 友達からタブレットを借りる。

などなど、

ありとあらゆる手を使って、
親の手から逃れようとします。

勉強を嫌いになります。

それに、
スマホを切り離すと、勉強への嫌悪感が増します。

スマホをいじれないのは、
勉強をしないといけないから
という理屈が子供の中で成り立つからです。

勉強させようとした行動が、
子供を勉強嫌いにさせてしまうのは、本末転倒です。

なので、
いきなり完全にスマホを引き離すのは、現実的ではありません。

なので、
スマホばかりいじっている子供に、その段階に一番効果的なのは、

勉強に支障がない程度まで、
スマホ依存を軽減する。

ことですね。

スマホだけでなく何事も、無理に強制しようとすると、
反発するのが子供です。

テックブレイクがおすすめ。

white analog electronic device

では、
どうやってスマホ依存を軽減すれば良いのか。

私は今回、
テックブレイク
という方法を、おすすめします。

これは、
カリフォルニア大学のLallyD.Rosen教授が考案したやり方です。

スマホが気になり手をむけてしまう習慣を、
なくす効果があります。

テックブレイクの方法。

ではここで、
テックブレイクの方法を、説明します。

①1分間だけスマホを操作(SNSの確認など)の後、スマホの電源を切ります。

②15分のアラームをセットし、スマホの画面を下にします。

③スマホの電源を入れ、1分の間でまた全てのチェックを済ませる

①から③の、繰り返しです。

これを繰り返していくうちに、
15分を20分、30分と伸ばしていくのが、おすすめです。

そうしていくうちに、
頻繁にスマホをチェックしないのが普通と感じてきたら、
テックブレイク、完全成功です。

テックブレイクの良いところ

テックブレイクをおすすめする理由は、

2つあります。

  • 取り組みすいこと。
  • 集中力が増すこと。

の、2点です。

順番に説明しますね。

取り組みやすいこと

この方法は、
スマホを完全に切り離すことではなく、
あくまで15分に一度スマホをいじることを許可しています。

なので、
スマホがないと落ち着かない現代の子でも、
割と取り組みやすく、無理がないのです。

集中力が増すこと

15分間スマホをいじらず勉強するとなると、

子供は自然に、
「この15分でここまで終わらせよう」と、
目標を心の中で立てるようになります。

短期間の目標を立てて勉強すると、
集中力が自然と増しますよね。

注意もあります。

もちろんテックブレイクにも、
注意点があります。

それは、
タイマーは必ずキッチンタイマーを使うこと。

もしタイマーをスマホにしてしまうと、
それは電源を切らないことを意味しますよね。

電源を切らないと、すぐにアプリを開けてしまうので、
テックブレイクが失敗に終わりやすいです。

電源を完全に切ると、起動に時間がかかるので、
スマホに手が行きにくいのです。

15分勉強する時も、1分スマホを見る時も、
キッチンタイマーを使って、時間を計りましょう。

今日の記事は終わりです。


記事公開日・最終更新日 2020年2月7日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です