【中学受験】受験が終わったら、結果を水に流しましょう。【大事なのは、入学後】

こんにちは。

中学受験をされた小学6年生の方々は、
そろそろ全ての結果が出て、入学先を決めていく頃だと思います。

中学受験が成功しても、失敗しても、
成功とも失敗とも言えない微妙な結果だったとしても、

中学受験が終わってから、すべきことがあります。

中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、

中学受験が終わったらすべきこと。

について話します。

水に流すことが大事。

underwater photography of water bubbles

中学受験が終わってからすべきこと、
それは

中学受験を水に流すこと。

です。

勝ち組?負け組?

中学受験に関わらず受験には
勝ち組・負け組
という概念が巷にあります。

もちろん
志望校に受かったら、勝ち組。
落ちたら、負け組。

ということ。

中学受験に引きずられます。

しかし、
このような考えを持つと、
悪い意味で、中学受験に引きずられてしまいます。

勝ち組の人は、
慢心して勉強をさぼってしまい、

負け組の人は、
自信をなくして卑屈になります。

なので、
勝ち組、負け組など気にすることはせず、
中学受験に引きずられず、水に流すことが、
受験後の家族には必要です。

過去の事に気にしてしまったら、
いいことないのです。

本当の勝ち組・負け組とは?

そもそも、
中学受験における本当の勝ち組とは何でしょう。

長い目でみると、

合格=勝ち組
不合格=負け組

とは限りません。

志望校に見事合格しても、
その後の6年間を考えると、入学した学校の上半分に位置しなければ
勝ち組とはいえませんし、

一方、
不合格でも、
すべりどめ校であれ、公立校であれ、
その学校の上半分にいるのであれば負け組ではないです

そこで中位から上位にいれば、
大学受験で逆転する可能性は十分すぎるほど残っています。

なので、もし、中学受験で勝ち組、負け組があるとしたら、
それは中学受験の合否ではなく、

  • 進んだ学校の中で、どの順位にいるか
  • 進んでから、どのくらいの学力の変化があったか

です。

開成だって、成績落ちます。

たとえ、天下の名門、開成中高だって、
全員が東大に行けるわけではありません。
早慶だって、中にはGマーチにも受からない人はいるのです。

逆に中学受験で悔しい思いをした人が、
公立中学から難関都立高校に進学し、
大学受験で東大、早慶クラスにたくさん合格している現実も知っています。

ですから、
中学高校の6年間をどう過ごすか
が、大事で、

そこを伸び伸びするためにも、
中学受験の成功、失敗を忘れる方が良いのです。

中学受験を水に流すには?

bubbles going upwards on a body of water

中学受験を水に流すには、
一体どうすればいいのでしょうか?

それは、
好きなことを見つけることです。

中学生になると、自由度が増します。

友人付き合いも小学生の頃とは変わったりします。
部活動も始まります。

そこで、趣味でも部活動でもいいので、

何か子供が好きなこと

を見つけることができれば、勉強への慢心や悔しさも、
いい意味で忘れることができると思います。

好きなことを見つけ、熱中したとしても、
中間テスト、期末テストさえ直前に勉強し、
ある程度の点数をとっていれば、大学受験に間に合います。

なので、中学生になったらたとえそれが勉強に繋がらない事でも、
何か子供がすきなことを、やらせてあげてください。

ここで、
「中学受験に落ちたから勉強だ!」
と言ってしまうと、

中学受験にひきずられてしまい、
子供も明るい青春を送れなくなります。

どの道路を選ぶ?

concrete road wallpaper

最後に、
受験を道路にたとえると分かりやすい

ということを見つけたので、紹介します。

大学受験を当面の出口とすると、
思えば中学受験というのは、どの道を通って行くかという入口を選んだだけのことなのです。

色んな道があります。

進む道は、色々あります。

  • 一本の高速道路
    →推薦もとりやすい難関校。
  • 多少整備された幹線道路
    →中堅校。
  • 曲がりくねった地方道路
    →公立校

確かに道の走りやすさは、差があります。

しかし、
高速を軽自動車で走ろうとするろ、
途中で必ず追い抜かれます。

さらに無理をするとエンジンがトラブルを起こします。

また、高速では道の間違えに気付いても、
途中で降りたり迂回することが難しいです。

幹線道路を走ることが、
伸び伸びと走れて、結果、最も確実に、早く着くこともあります。

地方道路は他のコースに比べると、走るのは大変ですが、
後々に役立つ運転技術や状況判断力が身につきます。

道は走ってみなければわからない。

ということですね。

今日の記事は終わりです。


記事公開日・最終更新日 2020年2月6日

参考・引用

石田達人『塾のデータに振りまわされない「中学受験」全容ガイド』2010

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です