【中学受験】志望校決定は、偏差値より大学進学実績を重視しましょう。【浪人数と、GMARCHを見ます】

こんにちは。

中学受験をされる小学5、6年生を持つ保護者の方は、

「うちの子の、第一志望、どこにしよう…」

と悩まれていませんか?

そんな時、皆さんが最も気にする項目のうちの一つが、
「偏差値」
でしょう。

しかし、偏差値
これをこのまま鵜呑みにするのは、あまりにも危険です。
偏差値よりも、大学の進学実績を見るべきです。

そこで今回は、
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 志望校を決める際に、偏差値より、大学の進学実績を見るべき理由
  • 大学進学実績のどこを見ればいいか

について、話します。

偏差値よりも、大学進学実績。

結果, バランス シート, 従う, 成功, 合計, 結論, 利益, 勝つ, 度に達した可能性が高, ビジネス

ぜひ、志望校、特に第一志望は、

偏差値よりも、大学進学実績で、選んだ方が良いです。

入口よりも、出口を見て選びましょう。

偏差値は変わります。

なぜでしょう?

偏差値は、
「入口の難しさ」
で測られます。

つまり、入学時の難易度によって変わるのです。

しかし大学の進学実績は、
「出口」
つまり卒業時の優秀さが計られますよね。

入った時によくても、卒業するときにはあんまり…
と言う事態は、なるべく避けたいところですよね。

大分、リンクしてます。

もちろん、
偏差値と大学進学実績、

この二つはある程度比例していますので、
偏差値を重視して選ぶ=大学進学実績を重視して選ぶ。
になりがちです。

しかし、
同じくらいの偏差値の2校で迷ったら、
卒業時にどうか?
つまり、大学進学実績を見るべきですね。

とはいえ、
志望校が発信している大学の進学実績を、
そのまま鵜呑みにするのも、危険です。

ではいったい、大学進学実績の、
どこを見ればいいのでしょうか?

2つあります。

person writing bucket list on book

大学進学の実績といっても、どこを見ればいいのでしょうか?

これには2つあります。

  1. 大学への現役合格率をチェックする。
  2. 「GMARCH」

以上です。

順番に、説明していきますね。

①現役合格率。

まず、現役合格率。

いくら東大や早慶への合格者が多くても、

浪人の比率が高い学校は、正直避けたいものです。
お金もかかりますしね。

大学の進学実績には、浪人している人のも含んでいる場合も多々あるので、
気を付けていきたいところ。

現役の合格率は、
市販の中学受験ガイドや、大手の塾が出している資料で確認できます。

志望校の候補として挙がっている学校の、数年間のデータは、
頭に入れておきたいですね。

とはいえ、浪人が多い学校と言うのは、
自由度が高く、
生徒は中高6年間、一度しかない青春を精いっぱい楽しめるという良さもあるので、
浪人覚悟で通わせるのも、アリだと思います♪

②GMARCH。

二つ目、「GMARCH」の合格者をチェック。

これが最も大事です。

「GMARCH」とは、
私立大の難易度で、早稲田、慶応に次ぐ、6つの学校。
「学習院、明治、青山、立教、中央、法政」
のことです。頭文字をとって、「GMARCH」というわけです。

これは関西で言うなら、
「関関同立」
「関西、関西学院、同志社、立命館」
ですね。

これらの学校の、合格者数を、まず見るべきです。

GMARCHは、伸びる証拠。

なぜ、こうした大学の合格者数が重要なのか。

それは、学習面で、
生徒のためになる施策を始めた学校は、

まず、
「GMARCH」
の合格者が増えるからです。

そして数年経てば、
早慶の合格実績も伸び、

さらには、東大京大などの日本トップ校の、
合格者も増え始めます。

つまり、
「GMARCH」の合格者が増えている学校は、
これから伸びてくる学校。
ということです。

タイムラグがあるのです。

というのも、
やはり学習の施策を始めてから成果が出るには、
タイムラグがあるのです。

そこで、アメリカの経済学者、
ミルトン・フリードマンの学説「3つのラグ」
を紹介します。

3つのラグ

  • 認識のラグ=今のままではいけないと認識するまでに時間がかかる。
  • 実行のラグ=認識はしたが、実行に移すまでに時間を要する。
  • 効果のラグ=実行した結果が現れるまでに一定の時間がかかる。

これは、経済でもなく、学校の経営も同じです。

学校側が、
「東大、京大、早慶の進学実績を上げるために、策をうとう」
と思っても、実行し、結果が出るまでタイムラグがあるのです。

そして逆を言えば、
「GMARCH」クラスの合格者が増えているということは、
その施策が成功している証拠であり、

数年後は、ホントに、
早慶、東大京大の進学者も増えている可能性が高いということです。

大事なのは勢いです。

現在、難易度的にはそこまででもない中堅以下の学校でも、
徐々に進学実績を上げている学校には、勢いがあります。
また、時代に合わせていく柔軟性もあります。

しかし、
大学進学実績がとても良くても、改革を怠り、伝統だけにあぐらをかいている学校は、
徐々に実績も落ちてきます。
今入学できても、卒業時、6年後、どうなっているか分かりません。

なので、
無理をして、東大や早慶に多くの合格者を出している学校に行かせるよりも、
「GMARCH」クラスの大学に合格者が増えている学校に行かせてみるのも
アリだと思うのです。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。


記事公開日・最終更新日 2019年1月28日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です