【中学受験】「勉強の才能」の正体は「集中力」です。【早さ×長さ×深さ】【天才と凡人の違い】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方に質問です。

「あなたのお子様に、勉強の才能はありますか?」

結構きつい質問ですが、学生時代の時、皆さん一度くらい、
勉強の才能について考えた事ありますよね。

その、天才と凡人を分かつ、
勉強の才能とは、どのようなものなのでしょうか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた、プロ家庭教師Edenの居村が、
勉強の才能について、話します。

勉強の才能は、「集中力」。

person holding camera lens

勉強の才能とは、いったい何でしょうか?

そもそも才能って、ぼんやりしている言葉で、
定義付けされてないですよね。

みんなが何となく使っている、才能の正体って何?!

私は才能の正体を、「集中力」だと考えます。

集中力の質です。

これは、先日とある漫画を読んでいて、書いてあったことです。

「芸術における才能は、何だろう?」

といった問いに、

登場人物の一人が、「集中力の質だ」
と答えたのです。

そしてこれは、あらゆる分野に共通することだとも言います。

芸術の世界、スポーツ選手、ビジネスマン、そして、受験生。

何かを成し得る人は、必ず「集中」する時間を持っています。
受験生で言ったら、宿題をやる時や、模試を受ける時ですね。

その、集中力の質が、才能の正体だというのです。

じゃあその、集中力の質って、具体的にはなんだよ?

そんな疑問が浮かぶと思います。

「早さ」×「長さ」×「深さ」です。

質問, 疑問符, 調査, 問題, テスト, ソリューション, 思う, 学ぶ, パズル, 事実, 難易度

ずばり、集中力の質とは

  • 早さ
  • 長さ
  • 深さ

この3つが掛け合わさったものです。

「早さ」とは?

集中力の「早さ」とは、何でしょう。

これは、ある物事に取りかかろうと思ってから、実際に取りかかるまでの時間の早さのことです。

受験勉強で言うなら、

「宿題をやろうと思った」
時間から
「実際に鉛筆を持ち、問題を解き始める」
までの早さのことです。

宿題をやろうと思ってから、すぐ取りかかれる人は、「早い」と言えますが、

取りかかろうと思ってから、ついつい漫画を手に取ってしまったり、
問題集を開いたのは良いものの、頭の中ではゲームのことを考えている。
こういう人は「遅い」と言えますね。

「長さ」とは?

集中力の「長さ」とは何でしょう?

これは、ある物事に実際に集中してからの、その状態の持続時間の長さの事です。

受験勉強で言うなら、

「宿題をやり始めた」
時間から、
「宿題に飽きたり、気が散る」
までの時間の長さの事です。

一度宿題にとりかかったら、ずっと気が散らず、勉強し続けている人は、
「長い」と言えますが、

宿題に取りかかった直後、気が散ってスマホに手が伸びてしまう人は、
「短い」と言えます。

「深さ」とは

集中力の「深さ」とは何でしょう?

これはその名の通り、どれくらい集中しているかということです。

受験勉強で言うなら、

人に話しかけられても、気づかずずっと勉強しているなら、
「深い」集中状態であり、

少しの物音で、勉強から意識が離れてしまうのであれば、
「浅い」集中状態であります。

3つの、掛け算です。

ずばり、集中力というのは、

「早さ」×「長さ」×「深さ」
で測られます。

そして、この掛け合わさったものを人は

「才能」

と呼んでいるのでしょう。

才能なくても、戦えます。

ここで言っておきたいのは、

「才能」(つまり集中力の質)が、たとえあなたのお子様になくても、
中学受験は戦えるということです。

自分の「才能」にあった勉強です。

例え、才能

つまり、
集中の「早さ」×「長さ」×「深さ」
の値が小さかろうと、

自分に合った勉強法をすれば、中学受験は戦えます。

分かりやすく、例を出しておきますね♫

例えば…

例えば、
集中が「長い」けど、「浅い」場合。

こういう生徒は、とにかく時間をかけまくって、
成績をアップする方が良いでしょう。

机に向かっている時だけでなく、家を歩いているとき、トイレ、風呂、
など、常に勉強と共にある環境に置けば、
時間当たりの学習量は少ないけれど、その集中力の長さで、乗り切ってくれます。

また、受験する学校も、試験時間が長いところを選択すると、更に有利になるでしょう。

逆に例えば、
集中が「深い」けれど、「短い」場合。

こういう生徒は、科目をコロコロ変えていく勉強法がおすすめです。

30分単位、一問単位でやる科目、分野を変えていけば、
集中の短さをカバーできます。

しかも、時間当たりの学習量が多いので、成績アップを狙えます。

こういうタイプは、得意教科、苦手教科がなく、満遍なく点数を取れるタイプですので、
2科目受験よりかは、4科目受験に向いていると思います。

どのタイプか、見極める。

このように、
決して集中力の質が低いのが、悪いことではなく、

重要なのは、自分のお子様の「集中力のタイプ」、
つまり、「才能のタイプ」を知り、それに合わせた受験生活をしていく事です。

しかし、「早さ」はあるべき。

とはいえ、集中力の「早さ」はどなたにもあってほしいです。

「深さ」がないのは、「長さ」で、
「長さ」がないのは、「深さ」でカバーできますが、

「早さ」をカバーするのは、不可能です。
ぜひ「早さ」をあげていただきたいです。

では、集中力の「早さ」はどのように、上げることができるのでしょうか?

その一つの有力な答えとして、
「ルーティーン」が挙げられます。

記事の最後として、「ルーティーン」のリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。

今日の記事は終わりです。

 


記事公開日・最終更新日 2020年1月21日

参考・引用

かっぴー『左ききのエレン』集英社

Follow me!

【中学受験】「勉強の才能」の正体は「集中力」です。【早さ×長さ×深さ】【天才と凡人の違い】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です