【中学受験】家庭学習のコツは、「ノート」と「答え合わせ」です。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

家庭学習の効率が悪くて、何の工夫をすればいい…?

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 家庭学習の2つのコツ、「ノート」と「答え合わせ」

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

ノートをチェックしましょう。

 

家庭学習を親がどうサポートすればいいのか、
結構、この手の質問は多いです。

 

問題も教えられるほど分からないし、変に口出しするのも逆効果っぽいし…と、
迷いますよね。

 

そこで親はやはり
子供のノートを見るのがおすすめです。

 

 

偏差値と関係します。

 

子供のノートを見れば、子供が学習でどこをどう意識しているかが、見えてきます。
よって、ノートの取り方は偏差値に如実に表れます。

 

とはいえ、ノートは軽視されがちで、
その大切さを、多くのご家庭が、分かっていませんし、
塾の先生でも、あんまり教えてくれません。

 

 

子供に聞きましょう。

親はそこでまず子供に、
「どうして授業でノートを取るの?」と聞きましょう。

子供はどう答えるのでしょうか。

 

  • 「後で復習するため」
  • 「ちゃんと手を動かさないと覚えられないため」

 

など、そう言ってくれるのならいいのですが、
実は多くの子どもは

 

  • 「だって書かないといけないんだもん」

 

と答えます。

そういう子は、ただノートに書いて、
そのまま放置してしまって、終わりになります。

何も考えていないパターンです。

 

なのでそんな子には

  • 後で復習するために、ノートを取る。
  • ちゃんと大事なところを重要にして、ノートに書く。
  • 先生が書いたもののみではなく、他に大事なところがあったらそこもノートに書く。
  • とはいえ、ノートづくりに時間をかけすぎない。

 

と、教えてあげます。

一番最後のノートに時間をかけすぎないというのは、意外にも大事で、
ただノートをちゃんと書こうと言うと、ひたすらノートづくりで勉強が終ってしまいます。

 

他にも、子供が成長してきたら、

 

  • 算数はちゃんと途中式も書く。
  • 国語の記述は、大きな字で書くとスペースがなくなるから、大きさは調節する。

 

なども教えてあげましょう。

 

 

ノートは子供を表します。

また、ノートの字がいつもより汚かったり、雑に書かれていたら、
何か悩んでいることがある可能性が高いです。

 

悩みから、授業への集中力が落ち、
そういうノートになるのです。

 

ノートは子供を表すので、
ノートを見ることで、しっかり子供を見てあげましょう。

 

【中学受験】ノートとルーズリーフ、どちらを使ったほうが良い?

 

答え合わせの正しいやり方。

 

また、家庭学習の際には、
答え合わせにも気を付けるのがおすすめです。

 

答え合わせはめちゃくちゃ大切ですが、
意外にもテキトーに終わらせる子が多いです。

 

普通はこんなやり方です。

「正解と間違いだけ確認してもう終わり」
そんな子も多いのです。

 

ちゃんと復習すると言っても、間違えた問題をただ解きなおすくらいの人が、
結構多いのです。

 

これだと、結構、非効率的です。
そして一番普通のやり方です。

 

 

仕分けします。

間違えた問題は、

  • 難しすぎて解かなくていいのか
  • ちゃんと理解した方がいいのか

を考えます。

 

後者なら、解答プロセスのみならず、
どうして自分が間違えたのかも、そしてその対策法を、しっかり確認します。

 

  • 先生が言っていたものを板書し忘れていた。⇒しっかりノートを作る。
  • 問題を読み間違えていた。⇒ちゃんと問題に印をつける。

 

などなど。

答え合わせをするときには体力が切れていて、
あんまり力を入れずに終わらせてしまう子が多いのですが、
むしろ、一番頑張るべきです。

 

今日は、家庭学習のコツについて話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年2月17日

 

参考・引用

『もう悩まない中学受験 成績アップと合格をかなえるコツとわざ』,小川大介,2017

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です