【中学受験】ノートとルーズリーフ、どちらを使ったほうが良い?

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

ノートとルーズリーフ、どちらを使わせるべき?

と思っている方はいませんか?

 

それぞれの持つメリット・デメリットを見てから、
判断してみます。

 

最近は、受験に対する持つべきマインドや、
このコロナ状況を、どうやって受験生は突破していくかなど、
わりと固めの話題を話してきましたが、今回は少し違った内容です♪

 

今回は、中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • ノートとルーズリーフ、どちらを使うべきか

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

ノートとルーズリーフのメリット・デメリット

 

ノートとルーズリーフの
メリット・デメリットをまず見てみましょう。

 

ノートのメリット・デメリット

 

まずはノートのメリットです。

 

  • 「ノート提出」に対応できる。
  • ページをなくすことがない。
  • ノートを保存する工程が必要ない。
  • 板書が時系列順に整理できる。

 

上記ですね。

 

続いてノートのデメリットはこちらです。

 

  • ページが余るともったいない。
  • ノートを忘れた日に、他のノートを切り取ってに使うと、色んな教科が混ざって、やがて整理ができない程ぐちゃぐちゃになる。
  • 切り取るのが下手だと、ノートが乱れる。
  • 複数教科があると、かさばる。

 

上記ですね。

 

ルーズリーフのメリット・デメリット

続いては、

ルーズリーフのメリット・デメリットについて話します。

 

  • 持ち運び量が必要最低限で大丈夫。
  • ノートを忘れても、切り取ったりすることなく保存できる。
  • 板書以外にも、人に貸してあげるなど、役に立つ。

 

上記です。

 

ルーズリーフのデメリットはこちらです。

 

  • ノート提出がある教科では使えない。
  • ページを無くす可能性がある。
  • ページを整理する時間が無駄。
  • ノートよりかは少し高値。

 

上記です。

 

以上を踏まえ、

ノートとルーズリーフ、
どちらを使うべきかを考えていきます。

 

状況によって、使います。

 

ノートとルーズリーフ、どちらを使うべきかは、
その受験生が置かれている状況によって違います。

 

ノートがおすすめな状況

ルーズリーフよりノートを使うのがおすすめな状況は、

 

  • 何か一つの重要な事(英検、算数一教科で受ける学校の勉強、資格の勉強など)を重点的に学習するとき
  • ノート提出が義務付けられている教科
  • 板書が多い教科。
  • そもそもプリント整理が苦手な場合。

 

上記です。

 

ノートは大体30枚、つまり60ページです。

その60ページを使い切ると感じる勉強は、
ノートでやる方が良いです。

 

「板書をする&長期間の授業」
で使うのも、ノートの方が良いです。

 

また、そもそもプリント整理するのが苦手な生徒はノートを使うのをおすすめします。

こういう子がルーズリーフを使うと、
大抵紙がぐちゃぐちゃになり、ノート整理ができません。

最初から固まっている「ノート」を使うのがおすすめです。

 

 

ルーズリーフがおすすめな状況。

ルーズリーフがおすすめな状況はこちらです。

 

  • まとめ系のノートを使う時
  • 板書が少ない教科の時
  • よくノートを忘れる子の場合

 

上記です。

 

まとめ系のノートとは、

  • テスト前の重点をまとめたノート
  • 間違えノート

などなど。

まとめ系のノートは、ノートで使うよりも、ルーズリーフの方が良いです。
分野によって順番をシャッフルしたり、カスタマイズしたいときが多いので。

 

また、板書で想定されるページ数が少ない時は、
ルーズリーフを使う場合が多いです。

塾の勉強ですと、たまにノートをほとんど必要としない先生もいるので、
そういう場合はわざわざノートを使うのはもったいないです。かさばるだけ。

 

ノートを良く忘れる子の場合も、ルーズリーフでもOKです。
毎日10枚くらいの紙を常備して、家に帰ってからファイリングする。

毎回友達に借りていたら、流石に迷惑ですしね(笑)。

 

 

今回は、ノートとルーズリーフについて話しました。

もし私が現在学生ならば
「授業用なら、ノートを使う。テスト前の追い込み用には、ルーズリーフを使う」

形を取ります。

人それぞれでいいし、そちらが優れているとかもありません。
それぞれに合った使い方を発見してください♫

 

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年5月10日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です