【中学受験】親がやってはいけない叱り方を話します。【3つの子どもタイプ別】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

子供に叱る時があるけど、あまり子供に響いていない感じがする…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 親がやってはいけない叱り方

 

を話します。

是非ご覧ください。

叱るのも、必要です。

 

中学受験をされる親御さんはよく、
「褒める教育」をしなさいと言われると思います。

 

確かにそれは一理ありますし、
頑張ったらちゃんと認めてあげるのは、当然です。

 

しかし、時には、しっかり叱ってあげる必要があります。

【中学受験】親でも、注意すべき時は子供にビシッと言うのがおすすめです。

人間の動機

人間には、2つの動機があります。

  • 自分から頑張りたい
  • 他人に言われて頑張る

この2つ。

 

どの子にも共通して言えるのは
「親に言われなくても自分から勉強しなさい」という叱り方は、
効果がないということ。

 

これだと、「他人に言われて頑張る」ようやる気を引き出しているのですが、
「自分から頑張る」よう言っています。

 

矛盾が起きているので、子供は勉強しようと思いません。

 

自分から頑張らせたい。

やっぱり子供には、自分から頑張ろうと思ってもらいたいです。
人に言われるて勉強するよりも、自分から勉強する子の方が、絶対に伸びます。

 

そこで、子供のタイプ別に、「叱り方」において気を付けた方が良い事を話します。

 

気にしないタイプ。

ボール, ビーチ, 幸せ, 海, ピンク, 笑顔, スマイリー, グレイビーチ, グレーに嬉しい, グレーの海

 

まずは「気にしないタイプ」の子です。
こういう子は、大人に怒られても、特に傷つく様子が無く、
ずっとニコニコしているような印象があります。

 

こういう子は…。

こういうタイプの子の特徴としては

  • 自分の楽しいことをするのが大好き。
  • ボーっとして何かを想像するのが好き。
  • 他人と比べるのが嫌だ。

などがあります。

 

こう叱ります。

こういうタイプの子には、
以下の叱り方のコツがおすすめです。

 

  • 人と比べるとやる気をなくしてしまうので、勉強以外でも、
    目の前のちょっとしたことを一人で成功させてあげると、モチベーションになる。
  • 叱る前に、子供についてしっかり考えていたことをちゃんとアピールする。

 

です。

 

元気なタイプ。

男, 跳躍, うれしそうな, 幸せ, スポーツ, 屋外, 楽しい, ハイキング, 赤, 岩, 国家, 公園

 

次に「元気なタイプ」の子です。
男の子に多く、色んな事に積極的に取り組む明るいタイプです。
勉強も比較的一生懸命やりますが、ムラが合ったり、親が一方的に押し付けると、やる気をなくします

 

こういう子は…。

こういうタイプの子の特徴としては

  • 競争となると負けたくない。
  • 地頭も結構良くて、色々言い返してくる。
  • 人に指図されるのが嫌だ。

 

などがあります。

 

こう叱ります。

こういうタイプの子には、
以下の叱り方のコツがおすすめです。

 

  • そもそも子供が得意なことがあったら、まずはそこを褒め、教えてもらう。
  • 叱る時には「○○君だったらできると思うんだけど」と、ちゃんと子供に期待していることを示す。
  • 叱るのは最低限の時間にして、なるべくどうすればいいか自分で考えさせる。

 

です。

 

自身がないタイプ。

man wearing knit cap on grey background

 

まずは「自信がないタイプ」の子です。
こういう子は、他人の目を気にします。
自己肯定感が低くて、勉強し始めても、難しい問題に出会うと、すぐ投げ出してしまいがちです。

 

こういう子は…。

こういうタイプの子の特徴としては

  • 怒られると、委縮してします。
  • 集中力が強い。
  • 頑張っている姿を人に見られたくない。

などがあります。

 

こう叱ります。

こういうタイプの子には、
以下の叱り方のコツがおすすめです。

 

  • 無理にきついことをさせるのではなく、簡単にできることをやらせてあげる。
  • 叱りながらも、「でもできなくても大丈夫、ゆっくりで大丈夫だからね」と、
    子供のペースを尊重してあげる。
  • 他の子どもと比べない。

です。

 

今回は叱り方のコツについて話しました。

完全に3つに分かれるということではありませんし、子供の性格が変わることはあると思いますが、
是非参考にしてください。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年2月5日

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です