【中学受験】他の子と比較するのは、全く意味がありません。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

受験生の子どもが、他の兄弟や他の家の子と比べて、勉強が出来なくて不安…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わった来た
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 他の子ととの比較。

 

について話します。

是非ご覧ください。

無意味です。

子供, 兄弟姉妹, 弟, 妹, お友達と, 女の子, 少年, 人, 一緒に

 

受験生の親御さんから、毎日相談を受けていますが、
私がよくいうことの一つに

「他人との比較ややめましょう」

ということです。

 

 

家族間でのの比較。

まずよくあるのは、
家族間での比較です。

つまり、兄弟、姉妹間の比較。

 

まず、「お姉ちゃんだから○○」
という言い方は、よくないです。

 

年の差で、色々と比べられたり、
対応が違うのは、子供にとってはけっこうきついです。

 

各々性格も違います。

同じ苗字だとしても、
やはりそれぞれの子で、性格が違うのです。

 

  • 長男はリーダーシップがある。
  • 次男はマイペース。
  • 長女は素直。
  • 次女はスポーツ一筋。

 

などなど、
それぞれ違った個性があります。

 

なので、兄弟や姉妹と比べられても、
どうしようもない、意味のない事なのです。

 

他の家の子との比較も無意味。

 

また、他の子ととの比較も、
上記のように、無意味です。

 

 

よくあります。

この相談が来ることは、よくあるのです。

 

勉強以外でも、
うちの子より、あの家の子の方が、テニスが上手。

うちの子と比べて、どうしてあんなにうまいんだろう…。

というようなことはあるあるです。

 

もちろん勉強でも、
数学オリンピックに出場するような生徒を見ると、
「うちの子は…」と思ってしまいます。

 

 

見るのは自分の子だけ。

しかし、あくまで見るのは、
自分の子どもです。

 

自分の子どもの伸び具合が最も重要で、
それ以外は意味がないと思えば、少しは他の子が気にならなくなるのではないでしょうか。

 

兄弟、姉妹でも、
他の子ととも、

それぞれの個性があるので、
各々自由に伸びていけばいいと思えば、

他人との比較に悩まなくなると思います。

 

今日は「他人との比較」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年12月10日

 

参考・引用

『「灘→東大理Ⅲ」3兄弟の母が教える中学受験勉強法』,佐藤亮子,2016

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です