【中学受験】「嫌い」な教科を「好き」にさせる方法を話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が嫌いな教科が多くて、
何とか一つでも好きにさせたい…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 「嫌い」な教科を「好き」にさせる方法

 

を話します。

是非ご覧ください。

 

嫌いな教科を好きにさせるには?

 

受験というのは、
勉強を好きにさせることが、一番の攻略法です。

 

逆にやはり、嫌いな教科があると、
それだけで結構不利になります。

なので、
嫌いな教科がある場合は、好きにさせることができればいいですね。

 

理社は家庭で可能です。

理科と社会は、今は嫌いでも
家庭での工夫で好きにさせることが、ある程度可能だと思います。

 

  • 理科だったら、「ダーウィンが来た」
  • 社会だったら「歴史ヒストリア」

 

などの、面白いテレビ番組がありますので、それを利用するのがおすすめです。

 

 

見るだけでなく…

また、ただテレビを眺めているのみではなく、
色々と話しかけるのがおすすめです。

 

「この城、去年行った熊本県の城だね。熊本ってどこにあるか分かる?」

「ここ?」

など。

 

また、視聴後は、
「ここどう思った?」「分からないところとかあった?」と、
内容を復習するのもおすすめです。

 

 

生活と結びつけます。

こうやって実生活と勉強を結び付けると、
ある程度は嫌いを好きに変えるのが可能です。

 

 

算数の場合は…?

 

勉強はどの教科でも、ある程度解ける経験があり、自信が付き始めると、
嫌いな教科でも好きになってきます。

 

しかし、

算数だけは、そもそも解く気にならず、
自分には無理と信じ込んでいる子が多くいます。

 

「意外といける」が大事です。

体験授業などでそんな子を教える時、
私はまず、簡単な問題を解かせます。

 

すると、「わりと算数いけるじゃん、才能あるよ!」と褒めていくと、
満足げな顔になります。

 

「算数=無理」の価値観が根付いてしまっているだけで、
「意外といける!」と少し思えれば、それからはすぐ好きになってくれたりするのです。

 

親の思い込みかもしれません。

そもそも、子供が算数を苦手というのは、
親の思い込みかもしれません。

 

意外と解かせていくと、センスがあったりします。
そして、算数が楽しいと思えるかもしれません。

 

具体的に褒めましょう。

  • 「偏差値は確かに低いかもしれませんが、基本的なことはできているので、演習量を増やしていきましょう。」
  • 「すぐ好きになりますよ。解き方を今は知らないので、それを教えるところからです」

 

など、
私がご家庭に具体的にアドバイスすると、
順調に子供の成績が上がってきます。

アドバイスは「具体的に」がコツです。

 

プロに頼むのもありです。

また、親が教えてほめてあげるのも良いですが、
プロを苦手教科用に雇って、頼んでみるのもおすすめです。

 

子供は親にほめられるより、
親とは距離の遠い大人に褒められる方がやる気が出るケースも多いです。

 

今日は「緊張する子供への対処法」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月23日

 

参考・引用

『最強の中学受験』,安浪京子,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です