【中学受験】夏休みが明けたら、学校に行きたくないと言ってきた…どうしよう?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

夏休みが明けたら、子供が学校に行きたくないと言ってきた…

とお困りの方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 夏休み明け、子供が学校に行きたくないと言ってきたときの、対処法

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

 

学校嫌いは、死活問題。

grayscale photo of woman right hand on glass

 

学校が始まってから、
元気が急になくなって、行きたくないと言ってきた…

そういう子は、毎年一定数居ます。

割合は、どれくらい?

子供は毎日、どんな気持ちで学校に通っているでしょうか?

 

子供に教えている私の感覚ですと、

  • 好き⇒30%
  • 普通⇒40%
  • 嫌い⇒30%

くらいになります。

 

「好き」と「普通」の子は、
元気に毎朝送り出してあげて大丈夫ですが、

 

「嫌い」な子は、
夏休みが明けてから、急に元気がなくなったり、怒りやすくなっています。

 

子供にとっては、死活問題。

「嫌い」な子は、色々理由があるんです。

 

もしそれが「いじめ」だったのなら、
家族で早急に対策を練る必要があります。

 

また、他の理由、

  • 先生が合わない。
  • 学級崩壊している。
  • 席替えで嫌な席になった。

などは、親からすれば、ささいなことに見えるかもしれませんが、
当人にとっては、死活問題です。

 

学校が嫌いなのにも色々理由があります。

もしお子さんがいじめられているならば、
れは真剣に対処法を親子で考えねばなりません。

 

「男子がうざい」

よくあるのが、真面目な女の子が
「男子がうざい」と言って、登校を嫌がるケース。

 

その「うざい」の理由は

  • 下品
  • ちょっかいをかける
  • うるさい

などなど、ありますが、
真面目な女の子にとっては、ストレスでしかありません。

 

そのストレスを抱えたままですと、
勉強への集中力が下がってしまいます。

 

徹底的に、聞きましょう。

two people wearing black jackets sitting on floor

 

では、子供が何か悩みを持って学校に行きたがらない場合、
どうすればいいでしょうか?

 

徹底的に、聞きましょう。

そのような場合は、
子供の悩みを、徹底的に聞くことが大事です。

ついつい親は

 

  • しゃべるまえにお風呂入っといて!
  • そんなことくらいいいじゃない

 

などなど、言ってしまいがちです。

しかしそうすると、
子供はその悩みを抱えたまま、いつか爆発します。

 

 

学校の愚痴が、長い時は1時間程度言い続ける火もありますが、
ただ愚痴を愚痴で終わらせるのではなく、
「明日から、どうすればいいかな?」と、解決法を、具体的に、一緒に考えることをおすすめします。

 

考えたからと言って、すぐ悩みが解決することはめったにないですが、
子供にとっては「真剣に親が話を聞いてくれる」事実は、
それだけで、子供を救います。

 

最後は、ご褒美

最終手段としては「ご褒美」もありです。

 

  • 今月学校で頑張れたら、○○を買ってあげる。
  • 今月学校で頑張れたら、××に行こうね。

などなど。
ご褒美漬けの生活が早くから始まると、甘やかしすぎるかもしれませんが、
9月以降は、精神的にもきつく、ご褒美を使ってリフレッシュをするのも、私はありだと思っています。

 

今日は「夏休み明けの模試」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月1日

 

参考・引用

『中学受験6年生の親がすべきこと』,安浪京子,2018

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です