【中学受験】6年生の夏休み、「折れない夏」にするために親が意識することとは?

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

受験の天王山、6年生の夏休み、子供が折れないためにはどうすればいいのだろう??

と疑問を持たれている方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 6年生の夏休み、「折れない夏」にするために親がするべきこと

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

3つあります。

 

子供がこの夏休み、折れないようにするために親ができることは、
3つあります。

 

  1. 体調管理に気を配る
  2. スランプに対応する。
  3. その日の終わりに子供を褒める

 

上記の3つです。

順番に話していきます。

 

①体調管理に気を配る。

white thermometer on red surface

 

まずはこれ。
「体調管理に気を配る」こと。

 

夏は体力勝負です。

夏休みは、とにかく体力勝負です。

この夏をどう過ごすかで、
秋以降の偏差値が左右されると言ってもいいでしょう。

食事や睡眠、コロナ対策は当たり前です。
冷たいものばかり食べるのもいけないし、睡眠は適度にとるべき。

そして、特に気を付けたいのが「気温」です。

 

外の暑さと塾の教室の冷房の温度差で、
体を壊す子は毎年います。

子供が要らないと言ったとしても、
塾には羽織るパーカーかカーディガンを持たせて、温度には気を付けましょう。

 

 

②スランプに対応する。

 

次に、「スランプに対応する」こと。

小3の2月から始まった中学受験生活。
2年も過ぎると、受験に疲れ、スランプに陥る子が増えます。

 

子どものスランプには、
次の2種類が挙げられます。

  • 中だるみ
  • 燃え尽き

上記の2つ。

順番に解説しますね。

 

①中だるみ

中学受験は、とにかくやることが多く
暗記事項も大量にあります。

 

「中だるみ」とは、
単純に、機械的に勉強をやるだけ、という状態のこと。

 

受験生当人も、それに気づかないうちに、集中力が下がり、
たくさん勉強しても学力が付かず、達成感もない状態のことを言います。

 

②燃え尽き

もう一つは、「燃え尽き」です。

 

たくさん勉強しているのに、結果は芳しくなく、
疲れがたまっていく状態です。

 

「あれもこれも勉強しないと!」
と、焦る気持ちが出てきて、知識を入れても、脳の容量を知識量が超えて溢れてしまう
そんなイメージです。

 

落ち着くために、細分化。

学んだことを、学力に繋げるには、
理解したことを、一度落ち着いて思い出す作業が必須です。

上記のようなスランプに陥らないためには
「学習計画の細分化」がおすすめです。

 

無理や焦りを感じたら、
夏休みの計画を、少し崩して楽にしていく。

 

後々大変になると、不安な気持ちは分かりますが、
今焦ったまま何も進まないと、後々取り返しのつかないほど大変になります(笑)。


落ち着いて勉強できる状態が作れたら、
そういう子は基礎ができてるので、何とかなるパターンが多いです。

 

③その日の終わりに子供を褒める。

 

最後にこれ。
「その日の終わりに子供を褒める」ことです。

 

良い一日で、終わりましょう。

6年生の夏休みが、
受験生にとって大事であることは、確かです。

 

とはいえ、現実には上手くいかない事も多いです。

  • 計画通りに勉強が進まない。
  • 成果がついてこない
  • 親子喧嘩

などなど、壁が出てきます。

 

しかし、何があろうと、
一日の終わりに「今日はよく頑張ったね」と子供を褒めてあげてください。

 

また、もし、何かに躓いていたら、
「一緒に明日、考えよう」と、なるべく気持ちが上向きになるよう、子供に接してあげてください。

 

 

今日は「関西の塾事情」について話しました。

是非参考にしてください。

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年7月1日

 

参考・引用

2018『中学受験基本のキ!』西村則康・小川大介・越南小町

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です