【中学受験】勉強の習慣化を成功するためには、方程式がありました。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が勉強を習慣化できていない…
どうすればコンスタントに毎日勉強できるようになるの…?

とお困りの方はいませんか?

長年、色んな生徒を指導させていただいたところ、

「習慣化には、これとこれを心がければできるのでは…!」

という、いわば方程式のようなものがあると発見しました。

そこで今回は、中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 勉強を習慣化するためにやるべきこと

について話します。

是非ご覧ください。

「習慣化」の方程式

長年生徒を指導させていただいたところ、

習慣化を成功するための、2つのカギを発見しました。

それは

  • 手を付けた回数

この2つです。

まず、この事実を知るだけでも、習慣化に一歩、踏み出せます。

また、これは勉強以外でも、

  • 早起き
  • ダイエット
  • 読書

など、あらゆることに言い換える事ができます。

この、『手を付けた回数』と、『質』、順番に話しますね。

①手を付けた回数

まず、

『手を付けた回数』です。

手を付けた回数って?

手を付けた回数って、イメージしにくいですよね。

勉強で言うとこれです。

  • 勉強しようと思って、教科書を開く回数。
  • 机に向かう回数

などなど。

つまり、

『とりあえず勉強するつもりで、その姿勢に入ること』

です。

なのでまず、習慣化したいなら、
机に座る回数を増やしましょう。

勉強っぽい姿勢になるのです。
勉強を始めそうな雰囲気を纏うのです(笑)。

それからはスマホをいじってしまったり、
ボーっとしてしまっても、とりあえず許しましょう。

『実際に勉強するか』はそのあと決めるのです。

始めやすくしましょう。

とりあえず、椅子に座って机に向かうと、

「勉強を始めるハードル」

が下がります。

習慣化ができていない子でも、
机に向かって居たら、

「ちょっとスマホをやめて、問題解くか!」

となるはずです。

②質

次に

『質』です。

スマホを、ペンに。

まず、机に座れました。次に質です。

そして質を高めるとは、どういうことか。

簡単に言うと

「スマホを持つ」を「ペンを握る」

に変えるのです。

考えたら、NGです。

「いやいや、ペンを握ることができないから、習慣化できていないんだよ…」

そう思われる方もいますよね。

それを解決するには、

考える」作業を無くすのが、一番の方法です。

「スマホorペン」
について悩む前に、ペンを持たせるのです。

2秒迷ったら、人間は大抵負けます。
迷った時点で負け。

  • 机に向かったら、すぐペンを握らせる。
  • 椅子に座ったら、すぐ教科書を開く。
  • もう机に向かわせる前に、教科書を開いておく。

上記です。

『手を付けた回数』×『質』
を高めることで、習慣化に近づきます。

もう一つ、コツがあります。

今まで、

習慣化の方程式

『手を付けた回数』×『質』
について話しましたが、

もう一つ、習慣化の成功にはコツがあります。

○○する前に勉強する。

そのコツとは…

  • 寝る前に勉強する
  • 歯磨きする前に勉強する
  • 夕食前に勉強する

など、

  • ○○(普段習慣的に行っていること)前に勉強する

ことです。

習慣に足すのは、簡単。

というのも、

新しく○○をこの時間に習慣化しよう

と意気込むよりも、

睡眠や歯磨き、食事など、
「すでに習慣化した行動」に「何かを付け足す」のは、簡単にできます。

  • 朝ごはんを食べる前にランニング
  • 夕食前に教職の勉強

は、自分も行っていました。

今回は習慣化について話しましたが、

「20日」

継続できれば、習慣化が成功するはずです。

この20日は辛いかもしれませんが、
そこを乗り越えれば、勉強が楽になっています。

是非参考にしてください!

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年5月6日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です