【中学受験】受験スタートの4月。「なんとなく受験」はNGです。

 

こんにちは。

小学4年生のお子様を持つ保護者の方で、

今年からうちの子に中学受験をさせようと思っている。

という方はいませんか?

 

中学受験を本格的にスタートする前に、
一つ、気にしておきたいことがあります。

 

それは、
「受験の動機」

 

「何となく受験」では、
後々いろいろと困ることがあります。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • してはいけない「何となく受験」

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

なんとなく受験はNGです。

 

今日の結論。

何となく受験はNG

です。

 

受験をする理由って何?

中学受験をさせる保護者の方々で、
受験をする理由って何か考えたことありますよね。

 

  • 「難関大学に進ませるには私立の中高一貫校が断然有利だから」
  • 「自分たちも私立中学校に進学したから」
  • 「○○中学校に行かせたいから」
  • 「周りがみんな受験するから」
  • 「うちの子が公立での勉強にもの思い を感じているから」
  • 「友だちからいじめにあっているので、その関係も断ち切らせてやりたい」

 

などなど。

理由は家庭によっていろいろあると思います。

 

最近増えてる「何となく受験」

 

とはいえ最近は、
あまり理由もなく受験をさせる「何となく受験」
が増えています。

 

一昔前の中学受験は

 

  • 「○○中がいいから」という明確な動機

 

がありました。

 

今もこれが多数派です。

しかし、

  • 私立ならどこでもいいやと、お金を考えず受けまくったパターン。
  • 学校訪問に一度も行かずに受けたパターン。

 

などなど、
また、

  • 学力診断のつもりで受けさせた。
  • 子供に自信をつけさせたかった。

 

まるで、

  • 体験のつもりでがっつり受験の世界に足を踏み入れた

 

様に思えるパターンがありました。

 

 

その結果…

その結果、
ヤフー知恵袋などのネット掲示板に、

 

  • まさか行くとは思ってもいなかった学校だから、入学金を払うか迷っている。
  • 第3志望の○○校と第4志望の××校、どっちがいいか。
  • 受かったのは第5志望の偏差値35の所。公立に進ませて後でリベンジさせた方が良い?」

 

などなど、
悩みが書き連なっています。

 

 

普通、塾や家庭教師に相談することを、

わざわざ受験後、学校に出向いて、

「あそことここ、両方受かったのだが、どっちにしたらいいのか」

と、真面目に尋ねる人もいるそうです。

 

 

スタートで、決めたいところです。

やはり受験をする、
小学生4年生のスタートで、

 

  • どういう校風に入れたいのか。
  • どういう風に成長させたいのか。

 

などなど、

  • 教育の指針。

 

を詰めておきたいところ。

 

これをしていないと、
手続き段階になって決められない保護者が続出するのです。

 

もちろん、
受験の理由は何であってもかまいません。

 

けれども、

中学受験は新4年生(3年生の2月)くらいからスタートする
数年間におよぶ長期戦です。

 

「なんとなく」では、
その戦いに親子ともどもやっていくのはけっこうきついです。。

 

 

目的は「大学進学」だけではない

 

最近は特に、目標があるとしても、

  • 有名大学への合格率
  • 偏差値の高低

などで学校選択をする家庭が増えています。

 

確かにそれは、いい大学へ、有名企業へ…と、
「人生の勝ち組」への確実な道に一見思えます。

 

 

しかし…

しかし、目的が進学だけだと、
受験はつまらないものになります。

 

  • その学校にしかできないような教育
  • 中高の6年間で、出会う人たち
  • 将来の夢を考える

こういうものも大事な目的であってほしいです。

 

大人になってから、
昔のことを振り返ってみて、

 

  • 「小学校時代に勉強しかできなかった」
  • 「中高6年間も大学進学が一番だった」
  • 「部活も趣味もこれといってやりきれなかった」

 

こういう風になる人もいますが、
あまりおすすめしません。

 

話し合ってみましょう。

本格的に中学受験に入る前に、

 

  • 子供はどんなことが好きか。
  • 何に興味があるか。
  • 何になりたいのか。

 

小学生とはいえ、一つの人格を持った存在だと考え、
この機会に話し合ってみましょう。

 

 

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月8日

 

参考・引用

安田理『中学受験 ママへの個別指導』2008

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です