【中学受験】夏休みの長時間勉強には、落とし穴があります。【効率、悪くなるかも】

 

こんにちは。

今日は少し離れた夏休みについての記事ですが、
コロナウイルスの影響での休校中や、春休みにもぴったりな内容なので、ぜひご覧ください。

中学受験をされるお子様は、夏休みや、春休みの長期休暇中、

 

1日10時間勉強して、一気に成績を上げるぞ!!

と意気込んでいる方はいませんか?

また、小学6年生にもなれば、
長時間勉強はして当たり前みたいな風潮があります。

しかし、
私はそこに落とし穴があると思います。

そこで本記事ではプロ家庭教師Edenの居村が、

  • 夏休みの長時間勉強の落とし穴
  • その落とし穴を避ける方法

について話します。

是非ご覧ください。

質が落ちます。

夏休みや春休みの長期休み中、

「1日10時間勉強をするぞ!」

そんな目標を掲げる目的は、

「学力を上げること」

これに尽きますね。

作業時間になります。

しかし多くの人は、

  • 「10時間やること」が目標になり、ただの作業時間になる。

というケースになります。

集中して勉強できた実質勉強時間は、
10時間より少ないでしょう。

やった感が、でてします。

  1. 5時間勉強で、5時間勉強する人
  2. 10時間勉強で、5時間勉強する人

この2択なら、
前者がいいでしょう。

後者は5時間の無駄があります。
この無駄は

  • 次の日への無駄な疲労。
  • 身になってないのに、達成感だけある

というデメリットにもつながります。

質×時間で決まります。

勉強の成果は、

  • 質×時間

で決まります。

10時間など、長時間勉強することで
勉強の後半、疲れて集中できないのなら、

集中が切れた時点で勉強を終え、
早めに休んで、次の日のコンディション作りをする方がいいです。

勉強時間だけが全てではないです。
沢山勉強しているのに、そんなに成績が良くない人、
クラスには一人、いますよね。

落とし穴を、避けるには?

light bulb on black surface

この、
「長時間勉強の落とし穴」
から避けるには、

どうしたら

  • 「質×時間」を高められるか
    →つまり、何時間までなら集中できるか

を知ることが、一番です。

実験をしましょう。

自分が何時間まで集中できるか

これは実験を重ねることで、徐々に分かっていきましょう。

  1. 15分勉強してみる。
  2. 集中できたら時間を伸ばす。できなければ諦める。
  3. これを繰り返す。

以上です。

実験で分かること。

これを繰り返していくと、

  • 1回の集中辺りの限界時間
  • 1日当たりの限界時間

が分かってきます。

これが分かれば、

勉強時間=実際に勉強できた時間

をすることが可能です。

是非参考にしてください。

ちなみに現在、期間限定で、オンライン個別相談をしていますので、
ぜひご参加ください。

おおたとしまさ『間違いだらけの中学受験』2013

記事公開日 2020年3月12日
最終更新日 2020年3月12日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です