【中学受験】帰国子女生が国語を攻略する方法を、プロが解説します。

 

こんにちは。

帰国子女の中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

帰国子女生の国語って、どうすればいいの?

そうお困りの方はいませんか?

帰国子女生が一番対策しにくいのが、
「国語」ではないのでしょうか?

 

本記事では、中学受験業界に10年以上携わってきて、
現在、イギリスの現地塾、IMRと提携を組み、
帰国子女生に指導を行っているプロ家庭教師Edenの居村が、

 

  1. 帰国子女生が国語で身に着けるべき能力
  2. 入試の国語で問われていること。
  3. Eden流、帰国子女国語の解法

 

について、話します。

是非ご覧ください。

 

身に着けるべきは、日本語じゃない?!

金髪, 女の子, 草, アウトドア, 人, 読書, 座っている, 本, 女性

 

帰国子女生が国語で身に着けるべき能力。

普通、まだ慣れていない「日本語」だと思いますが、

実はそれより大事なものがあります。

それは

  • 本質的な読解力

 

です。

平たく言うと、
「長い文章の内容を、しっかりと理解する能力」
です。

 

センスや読書は、必須じゃないです。

帰国子女に限らず、全ての受験業界において、

  • 「国語はセンスでしょ」
  • 「読書量で決まるでしょ」
  • 「今さら対策しても遅くない?」

という意見があります。

確かにセンスや読書量は、重要です。

しかし、

それらがなくても、国語ができる人はたくさんいます。

  • 「センスがなくても、無いなりの解き方ができる」

 

 

のが、真実です。

大事なのは

  • センスより、読解力

 

です。

 

入試の国語で問われていること。

知識, 本, ライブラリ, メガネ, 教科書, 情報, 教育, 文学, 研究, 読み取り, オープン, 学校

 

そもそも国語とは、

「読解力」

を学ぶ時間です。

読解力を、もっと詳しく言うと、

  • 文章のロジックや流れを、把握する力
  • そのロジックを踏まえて、筆者の主張を分かる力

 

です。

 

現代文じゃ、意味なし?

よく
「現代文の時間なんて教科書を読むだけで意味がないじゃないか」
という人がいます。

 

確かに、塾や学校で習うのは、

  • 言葉の意味。
  • 文章の背景知識(歴史とか、理系の話題とか)
  • よくわからないけれど、先生が板書した筆者の主張。

などなど。

これらを覚えるだけでは、
意味なしですね。

なぜなら、
あなたの先生が書きだした、
「特定の文章」についてのロジックを、暗記しただけだから。

残念ながら入試に出てくるのは、
それとは全く違う文章。

丸暗記は意味なしです。

本質的な「読解力」が身に着きません。

数学の問題の解法を暗記しても意味がないのと、一緒です。

 

現代文では、何をすべき?

ではそもそも現代文の時間は
何をすべき時間なのか。

それは、

  1. 文章のロジックを把握し、
  2. それを抽象化して学びに変える

 

この作業をする時間です。

これが

「読解力」につながります。

ですから授業では。
文章の解説(どんな話だったのか、何が言いたかったのか)
を聞いて終わるのではなく、

 

  • どういうプロセスでその答えになったのか
  • その思考法を、他の文章題に、どうやって応用するのか

 

を、学ぶことが大事です。

 

つまり、

具体(教材の解説)→抽象(文章読解の技術)

 

の作業が大事。

もし、文章の解説しかできない先生では、
きっと成績が上がらないでしょう。
その場では分かった気になるだけです。

 

 

Eden流、帰国子女国語の解法。

 

ではここで、

  • Edenが生徒にどのように国語を教えているのか
  • Edenが勧めている、宿題の進めから

について、一部だけですが、
話します。

ちなみに塾によって、この
「解放のテクニック」
は変わってきます。

 

3つの出題パターン。

なお、中学・高校受験で出題されるパターンは

 

  1. 論理的文章(説明文、意見文)
  2. 文学的文章(小説文、韻文、古文←中受では出ない)
  3. 語句(漢字、慣用句など)、口語文法

 

の3つです。

blogでは、
①の論理的文章に限らせていただきます。

 

Step 1: 話題が何かを捉える。

まず、話題が何かを捉えること。

そのためには、

繰り返し出てくる言葉に注意です。

そういった言葉は、□(しかく)で囲っちゃってください。

まずは

「この文章は一体何の話をしているのか」

を把握することが大事です。

 

Step 2: 類比に注目。

次にこれ、類比に注目すること。

同じような主張をしているところには線を引き、矢印でつなぎます。

基本的に筆者は言いたいことを様々な方法で、
具体例や対比を交えながら繰り返します。

 

 

Step 3: 分からないところに、線を引いておく。

最後にこれ。

分からないところに、線を引くこと。

  • 意味が分からなかった文
  • 分からない言葉。
  • 読めない漢字。

この2つには、線を引いて、チェックするべきです。

後で先生に聞くなり、
辞書を引くなりして、補強するべきです。

これらはつまり、
平面な文章を立体的にしてみる作業です。

 

そして、何とか最後まで読みきったその時に、
今度は「問い」と向き合います。

問いで聞かれていことは、
本文のどこに、どういう論理構造で書いてあるのか。
自問自答し、答える習慣をつける。

「鉛筆を置いたまま読むな!」
とはよく言われますが、大切なことなんで何度でも言います。

  • 線を引きながら読む習慣をつけ、最後に筆者の主張したかったことを、頭の中で答えられるようにする。

 

これが、大事です。

他にも小説の解法なども、
Edenは解説しております。

現在、期間限定で、オンライン個別相談をしていますので、
ぜひご参加ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です