苦手な中学受験の算数は「手を動かす」ことで、得意になる!

こんにちは。

中学受験でいちばん苦手意識を持っている人が多い科目は、「算数」であると思います。

確かに算数は、公式を暗記するだけでは点数に結びつかない、厄介な科目であると思います。

しかし、算数の勉強中、意外なことに気をつかえば、算数の点数がのびることがあります。

そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが苦手な算数が得意に変わるためにするべきことを話していこうと思います。

「手を動かす」ことで算数を得意に!

photo-1475669698648-2f144fcaaeb1

 

算数は「手を動かす」ことで、点数アップにつながります。
算数オリンピックに出場する様な算数の得意な子は、みんな、問題を解くとき、たくさん解いています。

逆に、
算数が苦手な人の共通点として、
「算数を解いている時、中々手を動かそうとしない」
という点が挙げられます。

そういう人たちは、「問題が分からないから、手を動かせない」と言います。


しかし、最初は分からなくても、意味があるか分からないことでも、とりあえず問題に何か書き込んでみる。
そうすると不思議と、次のアイデアが生まれたりして、少しずつ答えに繋がっていったりします。

 

なぜでしょう?

やはり、「手を動かす」という面倒な手順を踏むことで、その問題に向き合わざるを得ない状況になります。一文字ずつ書いていくことで、その問題についてゆっくりと考えることになります。
だから、問題に対する集中力が増し、次の展開に繋がるのです。
手を動かさない生徒は、問題文を読もうとしても、目が紙の上をすべっていって、ぜんぜん頭に入っていないことが多いです。

答えには直接つながるものではないかもしれませんが、問題から読み取れる条件を紙に書くことで、分かりやすく問題を見ることができます。

 

また、他のメリットとして、

復習をする際にも、色々書いていた方が、自分がどこまで合っていて、どこで間違えたのかが分かる、ということがあります。

また、その問題が100%解けなくても、書き賃をくれる、つまり部分点をくれる学校が最近増えているという事実もあります。

 

「見た量だけ社会は伸び、書いた量だけ算数は伸びる」
と言われています。

まず書いてみる!
これを大事にしてみてください♫

「手を動かす」は他の所にも役立つ

photo-1549706844-908ad5701dd6

 

この、「手を動かす」ことは他のことにもつながります。

例えば、子供が悩みを抱えている時。
その悩みをまず紙に書きだすことで、それをどう解決していけばよいかを冷静に考えるきっかけになります。

一日の勉強予定なども、紙に書かせることをおすすめします。

何かアイデアが必要な時も、何でもいいから書いてみると、徐々にいいことが思いつきます。

是非、「手を動かす」を様々な場面で使ってみてください!

 

我々家庭教師のEdenは、このような受験のコツを知り尽くしている教師を揃えております。

現在無料で体験授業を行っておりますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください♫

※無料の初回体験レッスンは、人数に限りがあります。現在応募者殺到の為、お早めにご予約下さい♪

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください