【中学受験】英語より、国語と算数をしっかり勉強しましょう。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

英語教育を今のうちにしっかりやっておきたい。

という方はいませんか?

 

英語教育もいいのですが、
正直、それよりは、国語と算数を重点的にやるべきだとも思います。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 英語より、国語と算数をしっかり勉強するべき理由

について話します。

是非ご覧ください。

 

英語より、国語と算数を。

 

先日受けた受験相談は、
英語の教育をさせながら、中学受験をさせている方からでした。

 

そういった方はよくいますが、
やはり私は、早くからの英語教育をあまりおすすめしません。

 

英語に触れさせたいが…。

確かに、これからグローバル化が進み、
英語はずっと使うことになるから、早め早めに頑張りたいと思う気持ちは分かります。

確かに、英語教育と中学受験をしっかり両立できる方も多いのですが、

 

正直、英語教育はもっと長期スパンで考えるべきだと思います。

 

目的は?

では一体、英語を勉強する目的は何でしょうか?

 

  • 大学受験で役立つ。
  • 旅行の時に楽。
  • 洋書を読める。
  • 仕事に使える。

などなど。

 

小さい頃からやらなくてもOK

とはいえ、海外でバリバリ活躍したいといっても、
幼少期から英語学習をしなくても大丈夫です。

 

かんたんな洋書を読めるようになるには、
高校まで英語をきっちり学習していれば、大丈夫です。

 

環境も関わってきます。

英語のレベルが高い子の特徴として、
帰国子女の子がいます。

 

とはいえ、帰国子女が日本に帰ってくると、
英語を忘れてしまうことが多いです。

 

なので、結局英語をマスターするには、
環境から変える必要があります。

つまり、大人になって住む他ないということ。

 

小学生の時に英語を勉強しているかしてないかは、
あまり今後、影響してこないのです。

 

大学受験では…。

ノートブック, 紙, ページ, 空, 空白, 本, コーヒー ブレーク, コーヒー, 仕事, 思考, デスク

 

また、大学受験では、英語のスキルもそうですが、
それよりも、「論理的な思考」が大事です。

 

「論理力」です。

「グローバル化についてどう思うか」
など、意見を論理的に展開する力が問われます。

 

一つの議題から、賛成か反対か選び、
意見と理由をならべながら展開させます。

中学の文法力をしっかりマスターしていれば、
東大の問題でも対応できます。

 

これは受けた人は分かるのですが、国立の英作文は、
難しい単語などを駆使しようとすると、論理や文法が破綻して、点数が取れません。

 

 

英作文では…。

そう、いかに筋が通っているかが、
合否の分かれ道です。

 

なので意外と、国語力が試されるのです、
たくさん単語を知っていても、母国語で論理的読解ができていないと、
異国の言葉で文章をかけるわけがないです。

 

論理的思考は、算数でも鍛えられます。

 

なので、幼少期の英語教育より、
国語と算数が大事だと思うのです。

 

今日は「早くからの英語教育」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年12月6日

 

参考・引用

『中学受験最難関7校に合格の極意48』,日野原寿美,2019

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です