【中学受験】子供を怒らせるのは、無意味です。おすすめは「笑顔の悪魔」

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供についつい怒ってしまうのだけれど、
逆にどういう風に指導すればいいか、分からない。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 子供を怒らせるのは、無意味です。おすすめは「笑顔の悪魔」

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

原則叱らず、笑顔の悪魔。

 

これはよく言われることですが、
親御さんは、原則叱るのはよした方が良いと思います。

 

もちろん、人間関係や、生活習慣の面では叱ってもいいですが、
こと勉強については、叱るのはよして、理屈で説得するのがおすすめです。

 

笑顔の悪魔

昔所属していた塾では、
「笑顔の悪魔」になるよう勧められました。

 

普通に

  • たくさんの課題を出す。
  • 居残りさせる。

などを、叱る体でやると、
子供達も、ちょっとひるみます。

 

そして、感情論で勉強を押し付けても、
全く効果がないことに気付きました。

 

結果は出します。

そこで勧められたのが、「笑顔の悪魔」。

 

大量の宿題を、「こんくらい余裕でしょ?」と言って、
笑顔で出す。

それをやっていなかったら、帰らせてくれない。

 

しかし表所は笑顔で優しげ。

なので、生徒はひるむことなく、
宿題もやってくるし、偏差値もアップします。

 

結果を出すには「笑顔の悪魔」になるのが良いということが言われていたのです。

 

 

ついつい怒らせがちです。

パンチ, 拳, 手, 強度, 分離, 人間, 戦い, 手首, 暴力, 電源, 侵略, コンセプト, 記号

 

親御さんは、子供の成績を見て、
ついつい怒り、怒らせがちです。

  • 「スマホばっかりいじっているからでしょ?」
  • 「どうしてこんな点なの?」

と、ぐちぐち言って、
子供が怒るまで待っているかのような親御さんです。

 

 

正直、伸びません。

とはいえ私は、10年以上この世界にいますが、

受験勉強について怒ったりして、子供が反省して勉強を頑張り、
成績が伸びたケースを、知りません。

 

逆に、怒れば怒るほど、
子供もやる気がダウンし、親に反抗したり、と、いいことなしです。

 

淡々と分析しましょう。

 

「たくさん勉強しなさい予習も復習もちゃんとしなさい…」
そんな態度では、全くやる気になりませんし、

「模試で偏差値○○をとったら…」
という、モノで釣るやり方も、一時的には効果がありますが、
結局親の顔を見ながら委縮して生活することになります。

 

保護者の方は、子供の勉強に不満を持っても、怒らず、
結果を淡々と分析をしましょう。

 

「時間がなかったのか」「解く順番をミスしたのか」
分析して子供に足りないところを、理性的に指摘しましょう。
指摘することは、してもいいのです。

 

 

難しい褒め方。

 

また、よく困るのは、
子供が良い成績を取ってきた時の「褒め方」です。

 

 

ひねくれて受け取ります。

親が褒めていても子供は、

  • 「本心ではなく、俺を乗せるためにおだてているよね」
  • 「結局勉強だけできていればいいんでしょ」

などなど、ひねくれている子もいます。

 

小3くらいまではそんな子はいないのですが、
10歳を超えてくると、結構増えてきます。特に男の子。

 

ニュアンスが大事。

やはり褒め方にもニュアンスが大事です。

 

普通に褒めるのではなくて

「成績上がるって思わなかったのに、びっくりした。やるじゃん」

そういうニュアンスで褒めると、
子供はストレートに喜んでくれます。

 

つまり、「ただすごいと言う」というより、
「上がると思わなかったのにびっくりした」というニュアンスで褒めるのです。

 

 

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月24日

 

参考・引用

『ゆる中学受験』,亀山卓郎,2019

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です