【中学受験】間違った歴史の勉強法を、3つ答えます【やりがち】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、社会の特に歴史が苦手で、困っている…。

という方はいませんか?

 

歴史の勉強をしているが、中々成績に反映されない。
そんな方は毎年多くいます。

そして彼ら彼女らのほとんどは、間違った勉強法をしてしまっています。

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 歴史の勉強でやってはいけないこと

 

を3つ答えます。

①問題を解かない。

 

 

最初にこれです。「問題を解かない」こと。

 

暗記ばっかりです。

 

問題を解かないということは、歴史を全く勉強しないというわけではありません(笑)。

つまり、インプットのみ、暗記ばっかりやる生徒です。

 

  • プリント
  • ノート
  • 教科書

 

を何度も読んでいる生徒です。

 

本番は大事です。

 

確かに、語句を覚えるのは大事です。
それをしないと、絶対に点数は取れません。

 

しかし、「本番」の経験がないとだめです。

 

これは、スポーツと同じです。

例えば野球。

毎日素振りをして、守備練習をして、キャッチボールをして、筋トレをして…。

と努力をするのは当たり前。

 

しかしそこには練習試合をする必要があります。

 

練習試合を経験することで、知らない相手と闘うわけですから、
今まで想像もしていなかったイレギュラーな事態に発展します。

 

  • 相手打者が左ききが多かった。
  • 変なところに打球が飛んできた。
  • 相手ピッチャーが見たこともないような球を投げてくる。

 

例えばこんな感じ。

そんな「本番」の経験をすることで、
できているようでできていないことが判明して、次の練習に活かせるのです。

 

 

問題を解きましょう。

 

なのでやはり歴史も同じで、
問題を解く経験が必要です。

 

  • これ覚えてたけど、こういう聞き方をしてくるんだ…!
  • こういう形式も必要なんだ…!

 

と、気づきがあります。

覚えているけど、解けないケースや新たに覚えなければいけないことが分かり、
それを元に更に暗記する。

 

問題集は塾で使っているもので大丈夫です。

 

暗記→問題解く→暗記→問題解く…。

このループを作って行きましょう。

 

 

②授業をちゃんと聞かない

 

 

次にこれ。「授業をちゃんと聞かない」ことです。

 

気持ちは分かります。

 

確かに、気持ちは分かります。

社会の先生、全てが優秀な先生というわけではありません。

 

ベテランの先生、若い先生、色々います。
特に下のクラスの先生は、教えるのが下手なケースが多いのです。

 

さらに、正直授業を聞かなくても、暗記科目なので、教科書を読んでいけば、
点数を取れることは取れるかもしれません。

 

 

ライブの授業の印象付け。

 

そもそも授業というのは、
暗記事項を「印象付ける」ことが一番の意味です。

「ライブ感」というのでしょうか。

 

部屋で一人で教科書を読んで覚えるよりも、
実際にエピソードを聞きながら覚える方が印象がつきやすいのです。

 

一人で勉強するよりも、人から聞いた方が、
時間効率が何倍もあるのです。

 

 

③単元完璧主義

 

 

次にこれ。「単元完璧主義」です。

 

一つの時代だけ、完璧にすること。

 

単元完璧主義というのは、
例えば「飛鳥時代を完璧にしてからじゃないと、以降のものは覚えられない」という感じ。

 

つまり、ある一個の単元を完璧にしないと、
それ以降の時代を覚えようとしないことです。

 

受験で負けます。

 

そんな人はどうなるでしょうか?

結局現代まで手を付けれないまま、
受験の日を迎えてしまいます。

結果は不合格。

 

満遍なく塗っていきましょう。

 

そんな単元完璧主義の人は、
江戸時代までは何とか覚えていっても、そのころ、昔完璧にしたはずの
飛鳥時代あたりは、多分ほとんど覚えていません。

 

やはり、一つ一つ完璧にするのではなく、
5割くらい覚えたら次の時代。というのを繰り返すのがおすすめです。

 

もちろん、途中で問題を解くアウトプットの時間は必要ですよ。

 

そしてとりあえず現代まで一周したら、
また縄文時代に戻って勉強する。

 

満遍なく何回も塗っていくイメージで暗記する方が、
絶対に点数が高いはずです。

 

 

今日は「歴史の間違った勉強法」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月15日

 

参考・引用

『子どもの一生を決める失敗しない中学受験入門』,和田秀樹,2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です