【中学受験】子供のイライラに、大人はどう対処すればいい?

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供がずっとイライラしていて、どう対処すればいいか分からない…。

という方はいませんか?

 

本記事では中学受験業界に10年以上携わったきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 子供のイライラへの、大人の対処法

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

追い込まれる子供達。

woman sitting on bed with flying books

 

小学生は、精神的にも肉体的にも、
まだまだ成長する途中です。

そんな中、中学受験をするのは、子供にとってはけっこう重いのです。

 

子供にとって過酷です。

具体的に何が過酷かというと、

  • 塾のクラス
  • 偏差値

で、自分を判断され続けることです。

 

しかも

  • 「応援してるよ!」
  • 「頑張って!」

と、どんどん期待をかけられて、追い込まれるのです。

 

これが数年続くと、
自分の偏差値と、自分の価値が、一緒だと思い込んでしまうのです。

 

よって、イライラしてしまうのは親のみではなく、子供もなのです。

 

 

 

子供の感情の出し方

子供というのは、大人より感受性が豊かです。

 

しかし、その感情を上手く処理したり、
上手く言葉に出す方法を、大人より知りません。

 

なので、感情がマイナスに動いた時、子供は

  • 「イライラをぶつける」
  • 「泣き出し」

この2パターンがほとんどです。

 

子供が親にぶつけるイライラは、
ある程度しょうがないものなのです。

 

 

感情を受け止めましょう。

 

では、親は子供のイライラに、
具体的にどう対処すればいいのでしょうか?

 

分かろうとするのが大事です。

子供がイライラしているときは、
親はそれに反発するのではなくて、分かろうとすることが大事です。

 

子供がイライラしてきたら、
「そんな感じにならないで!」と言いたくなりますが、

 

そこでは反発するのではなく、
「確かにイライラするね」と、子供の感情を返してあげてください。

 

子供は自分の気持ちを受け止めてもらえないと、
勉強への集中力も散漫になります。

 

子供の空気も大事です。

私は授業の最初に、
まず子供の雰囲気、空気を確認します。

 

そこで

  • 不機嫌そう
  • 元気がない

そんな様子だったら、授業を始める前に、
「最近何してたー?」とその不機嫌の原因を探っていきます。

 

探っていくと、最初はあまり答えなかった子供でも、
徐々に心を開いて、「さっき友だちと喧嘩して…」と、
心の内を明かしてくれます。

 

最初にそれをしておかないと、
結局勉強も集中できずに終わってしまいます。

 

かなり重めのなやみ(いじめなど)もあり、
そんな時はご家庭に連絡して、大人が解決する必要があります。

 

心の整備が必要です。

勉強よりも、どんな心境で勉強を始めればいいかの方が大事だったりします。

 

家庭教師が心を整える役目をするのもいいですが、
なるべく親が子供の心を受け止めたいですね。

 

 

今日は「イライラする子供の対処法」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月27日

 

参考・引用

『最強の中学受験』,安浪京子,2018

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です