【中学受験】朝、勉強前にウォーミングアップをするのがおすすめです。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供に朝、どんな勉強をさせればいいのか分からない。。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 子供に朝させるべき、ウォーミングアップ

について話します。

是非ご覧ください。

朝はウォーミングアップをしましょう。

green trees during daytime

毎朝、勉強を始める前に、
ウォーミングアップをするのをおすすめします。

  • 今日は一気に進めたい!」
  • 「今日はなんだかやる気が出ないな~」

どんな気持ちのときでも、
習慣としてウォーミングアップを決めておくのをおすすめです。

計算と漢字

では、何をすればいいのか。

  • 計算
  • 漢字

をするのが、おすすめです。

まず、計算と漢字は、
「ここだけやっていれば、一定の点数がとれる!」
という、マスターしなきゃ、損な分野です。

日によって、調子が良かったり、悪かったりもしません。

また、計算と漢字は、社会や理科みたいに、
「1日徹夜で頑張ったら、何とかなる」
そんな分野でもないのです。

漢検やドリル

入試がもうすぐな小学6年生は、しょうがないかもしれませんが、

  • 漢検を受ける。
  • 計算ドリルを1冊やりきる。

などをして、
小6までにこの2つをやっておくのをおすすめします。

もし、小6までに計算と漢字をマスターしておけば、
応用問題にしっかり時間を割くことができ、
精神的に、楽になります。

実際に去年の子も…

実際に去年、本郷中学に合格してEdenの生徒も、
小6の夏までに、計算と漢字を、減点がまずないレベルに持っていったので、

その自信を糧に応用問題を解くことができました。
模試でも、そこで減点されるケースはほとんどありませんでした。

子供達の能力

とはいえ、小6でいくら頑張っても、
中学に入ったらモンスターみたいな生徒はいます。

  • 算数オリンピックに出てた。
  • 英検準一級持ってる。

などなど。

子供達の力は、はかり知れません。

調子を掴む意味もあります。

potted plant on window with curtain

また、ウォーミングアップには、
計算と漢字を鍛えるのみではなく、

勉強の調子を掴むという意味もあります。

やること、ありますが…

特に6年生の子なんか、
一日の勉強の中に、やることがたくさんあります。

なので、
「ウォーミングアップに時間を使いたくない」
という方もいると思います。

しかし、

計算と漢字をやることで、
その日のリズムをつくることができるのです。
結果、ウォーミングアップをした方が、学習効率が、大抵、良いのです。

また、予定をしっかり決めておくのもおすすめです。

  • 「このドリルを一日○ページこなし、○月までに終わらせる」
  • 「漢字は一日○個書き取りをして、○月までに終わらせる」

などなど。

なるべく小6の夏までには受験範囲はマスターして、
その後、復習に徹せたら、最高です。

しなくてもいいケース。

しかし中には
ウォーミングアップをしなてくても良い子がいます。

  • それは、受験への火ががっつりついていて、
    ウォーミングアップをしてもしなくても、頑張る子。

かつ、

  • 計算と漢字を完全にマスターしている子。

こういう子は、朝一番に、重い過去問をぶち込むのをおすすめします。
朝、コンディションが完全ではない中で、入試を解くのに慣れておくのが理由です。

今日は「朝のウォーミングアップ」について話しました。

是非参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月11日

参考・引用

『塾では教えてくれない中学受験親の鉄則』,梅津貴陽,2016

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です