【中学受験】在宅中、親子の受験ストレス原因を潰す、3つのおすすめ方法

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

 

家にいると、子供の勉強しない姿にイライラして、ストレスが溜まってしまう…

とお困りの方はいませんか?

特に現在、コロナウイルスの影響で休校措置が取られ、
家にいる時間が多くなり、家庭内でストレスが溜まるケースが多いです。

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 在宅中、親子の受験ストレス原因を潰す、4つのおすすめ方法

について話します。

是非ご覧ください。

ストレスは原因を潰しましょう。

この時期、家にずっといることで、
家庭内の空気がピリピリすることもあるでしょう。

そのピリピリが
子どもをな
んとも不安な気持ちにさせてしまいます。

そんな家庭内の不穏な空気のことを、

  • ストレスガス

とよんでいます。

原因物質は…

その、ストレスガスの原因物質は、
イライラや、不満、不安です。

さらに、イライラは伝染します。

「お母さんがイライラ」→「お父さんがイライラ」→「子供にイライラ」

と、そのガスは伝染します。

発生原因は…

ストレスガスの発生原因は、

  • ごちゃ混ぜ

にあると、Edenは考えます。

  • 硫化水素
  • 塩素ガス

これらの恐ろしいものも、「混ぜる」ことで発生しました。

  • 家庭内の、「混ぜるな危険」
  •  

混ぜることなく「分別」することを、普段から意識されると良いと思います。

具体的には、この3つ。

では「混ぜてしまう」
とは、具体的にはどういったことでしょうか。

  1. 相手の存在を否定する。
  2. どうしようもないことを言う。
  3. 「どうせ」という言葉を使う

具体的にはこの3つです。

順番に説明しますね。

混ぜるその1:相手の存在を否定する

無分別その1は、
「相手の存在を否定する」ことです。

存在否定は、傷つきます。

相手の存在を否定するような言葉を投げかけること

 

  • 「生まれてこなければよかったのに」
  • 「お前なんかいないほうがマシ」

そんな感じの、

子どもの存在を根底から否定するような言葉

は、生きる力をそぎ落とします。

猛毒です。

硫化水素並みの猛毒です。

存在と行為を分別しましょう。

子供が悪い事をしても、

  • 存在
  • 行為

を、しっかり分別すべきです。

「行為」にはダメ出しをしてOKですが、
「存在」は否定してはいけません。

この2つを混ぜて子供にものを言ってしまうと、
猛毒になります。

混ぜるその2:どうしようもないことを言う

その2。
「どうしようもないことを言う」ことです。

今さら言われてもさ…

  • 「もっと国語の勉強をしていたら良かったのに」
  • 「あと3分早く起きていたら遅刻しなかったのに」
  • 「お前がそんなことしなかったら…」

などなど、
そういうことを言われても、

「今更言われてもさ…」

と、嫌な気持ちになり、改善には結びつきません。

変えることと、変えられないこと。

  • 変えられること
  • 変えられないこと

この2つをしっかりと分別して、
子供にものを言わなければなりません。

変えられることを注意すれば、その後の改善につながりますが、
もう変えられないことを注意しても、機嫌が悪くなるだけです。

もし子供が何かサボったりしても、

「次は○○しようね」と指導してあげてください。

混ぜるその3:「どうせ」という言葉を使う

その3
「どうせという言葉を使う」ことです。

「どうせ」は過去の言葉です。

  • どうせお前には受からない。
  • どうせお前にはやり通せない。

などなど、「どうせ○○」という言葉は非常に危ない…

「どうせ」は過去のデータを元に、
未来を決めつけてしまう言葉です。

「これから」と「これまで」を分別

  • これから
  • これまで

この2つを分別しましょう。

もし、「どうせ」と言われすぎて、

「どうせ、ぼくなんかにできっこない」

と、挑戦する前から決めつけてしまったら、
子どもはきっと成長できません。

今回は、ストレスの原因について話しました。

ストレスが溜まりやすいこのご時世ですが、小さなことに気を付けてみてください♫

是非参考にしてみてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月18日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です