【中学受験】勉強の「やる気」はある3つの掛け算でできています。【やる気は操作可能】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

「入試は迫っているのに、子供が勉強のやる気が出ない…」

とお困りの方はいませんか?

「やる気」は目に見えなくて、
一見、操作できないかのように思えますが、

実は、やる気の大きさというのは
ある3つの掛け算でできているのです。

そしてその3つを操作すれば、
やる気をコントロールすることが、ある程度可能なのです。

そこで今回は、プロ家庭教師Edenの居村が、

  • やる気が生まれるメカニズム

について、話します。

この3つです。

three men toast with their fists

やる気の大きさは、

  1. 危機感
  2. 目標の魅力
  3. 目標の「リアル」さ

この3つの方程式で、
できています。

やる気の操作が可能です。

やる気がある時は、
この3つの中のいくつかが伸びており、

逆に、やる気がない時には、
この3つの内のどれかひとつでも、0に近づいているのです。

そして、
この3つを、完全には無理かもしれませんが、
ある程度上手く操作することができれば、
子供のやる気も、操作できるというわけです。

ということで、
この3つそれぞれに言及したいと思います♪

①危機感

米連邦捜査局, 警察, 監視, 犯罪捜査, 刑事, 調査, コンピュータ, 犯罪のシーン, 犯罪, シーン

まず、危機感です。

子どもの勉強のやる気がないのは、
危機感がないからかもしれません。

まだ先だし…はNG

「中学受験なんてまだ先だし、
遊んでてもいーじゃん」

そういった危機感の欠如があると、
勉強できるわけ、ないですよね。

逆に中学受験本番の1週間前に、
勉強していない人も、受験生ではいないでしょう。

当たり前のように思えますが、
危機感が大事
というのは、意識している人、少ないです。

危機感を植え付ける。

こういう子の場合は、
危機感を植え付けてあげると、いいでしょう。

例えば以下の方法です。

  • 合格者体験記を見る。
  • 目標の偏差値から逆算して、今のうちにここまでしないと間に合わないと、実力を把握させる。
  • 少し手荒だが、落ちて志望校に行けなかった時のことを、考えさせる。

などです。

①目標の魅力

children holding brown ice cream cone with strawberry icecream

二つ目、目標の魅力についてです。

やる気が出ない子は、
目標の魅力が、心の中で描けてないからかもしれません。

なんとなくじゃ、だめです。

志望校に行きたい理由や、成績を上げたい理由が
「なんとなく」
の場合、勉強が好きで仕方がない子以外、やる気は出ないです。

「自分が中学受験で成功することへの魅力」を
はっきりとイメージさせることができたら、子供もやる気になります。

魅力を自覚させよう。

目標の魅力を自覚させるためには、
以下の方法が挙げられます。

  • 志望校の文化祭に足を運んでみる。
  • その中学、高校に行った先輩の話を聞いてみる。
  • その中学に入ったらなにがやりたいかを考えさせる。

などです。

また、
これらの方法を試しても、魅力がはっきりしないのであれば、
志望校を変えてもいいかもしれません。

③目標の「リアル」さ

person working on blue and white paper on board

目標が魅力的だとしても、
それが「リアル」でないと、やる気は出ません。

現にあなたが1週間後、1億円を稼げたら、
それは魅力的な未来かもしれませんが、1週間後というスパンで、そういった成功を求めても、
現実感がないです。「リアル」じゃないんです。
そういう時も、何もやる気がでませんよね。

同じように、
子どもも目標への「リアル」さを感じられないと、
やる気は出ません。

合格できるかも、と思わせたい。

なので、子供には
「頑張ったら達成できるかも」
そう思ってもらいたいものです。

そのためには、以下の方法が有効です。

  • 志望校の偏差値に届くのは、まだ現実感がないので、時期ごとに実現可能な目標(あの模試までに偏差値60、など)を決めておく。
  • 塾に行かせたり、家庭教師をつけたりと、目標が達成しやすい環境にする。
  • 志望校を変える。

などです。

やる気はある程度操作可能なものです。
今日紹介したメカニズムは勉強以外にも役立つはずです。
ぜひ使ってみてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年2月20日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です