【中学受験】本番、落ちるのが怖い方へのメッセージ「過去は変えられます。未来は変えられません」

こんにちは。

中学受験をされるお子様は、

もう受験シーズンで、合否も一部出ていると思います。

そこで、
不合格が怖い
という方も多いでしょう。

そこで、本記事で中学受験業界に10年以上携わってきたはプロ家庭教師Edenの居村が、
不合格が怖いと言う方に向けてメッセージを送ります。

過去は変えられる。未来は変えられない。

sign prohibiting going left or right

「過去は変えられる。未来は変えられない」

これは、芸人のキングコング西野さんが、
近畿大学のスピーチでおっしゃっていたことです。

最初この言葉を聞いた時、よくわかりませんでしたが、色々考えているうちに、
意味が分かってきました。

ぜひ受験生に、この言葉を覚えていてほしいのです。

未来は変えられません。

まず、
「未来は変えられない」
の、言葉について。

中学受験に成功するかしないかなんて、
本人には分かりませんし、

もし第一志望に受かったとしても、
それからの学校生活が、いいものになるかどうかは分かりません。

そこから偏差値の大学に行っても、就職しても、人生どう転がっていくか、
自分では全て決めることはできません。

自分の決意、努力だけでなく、様々な環境、人との関りによって、自分の未来は決まっていくのです。

「未来はこうしよう!こうなろう!」

と変えることは、不可能なのです。

では、少しでも未来を変えるためには、どうすればいいのでしょうか?

A.過去を変えることです。

未来を変えるためには、過去を変えることです。

過去というのは、例えばこんなのです。

  • この前の模試で偏差値が低くて、ショック。
  • 学校の先生に、何かやなことを言われて、やる気を失った。
  • お試し受験で落ちてしまい、悔しい。

などです。

これらの過去は、変えることができます。

もし、マイナスイメージを持った後、
何かすごいことを達成すれば、
上記のような失敗は、「成功するために必要だったこと」に変わるのです。

だから、失敗することも、非常に大切なのです。

受験の失敗を、過剰に恐れる必要はありません。

失敗をさらけ出して、その失敗を次の成功に繋げていく人は、
必ず大人になってから、充実した人生を過ごせます。

失敗は、消去できます。

person holding clear glass glass

挑戦すれば、ネガティブな結果はつきものです。

しかし、
その結果は過去となり、
その過去を変えることは、上記した様に、可能です。

ネガティブな結果を受け、立ち止まると失敗になりますが、
その結果を受け入れ、反省し、アップデートして、試行錯誤、努力して成功につなげれば、
その失敗が、「成功に必要だったこと」になるのです。

つまり、
「失敗」というのを、自分の人生から消すことができます。

挑戦すること自体、凄いです。

  • 第一志望に落ちたらどうしよう。
  • 全落ちしたらどうしよう。

そういうこと、気にするかもしれませんが、
もし落ちてしまっても、その結果を受け止めて、いつかの成功に繋げればいいのです。

中学受験という、大学受験以上に厳しい世界に挑戦すること自体、凄いことだと思います。

人生は長いです。
「中学受験で失敗しても、余裕。」
くらいの感覚で、このドキドキ感を楽しみたいですね。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。


記事公開日・最終更新日 2020年1月14日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です