fbpx

あなたのお子様が
自ら机に向かって3か月で偏差値アップが望める
Edenオンラインプログラム

こんにちは!

家庭教師Eden代表の居村直希です。

今回は「あなたのお子様が自ら机に向かって3か月で偏差値がアップが望めるEdenオンラインプログラム」についてお話していきます。

「大手の塾の一括指導では全く成果が上がらなかった…」

「モチベーションが続かない」

「学習習慣が確立できない」

そんな方にとっておきの話になっていますので、最後までぜひご覧ください。

今回は、第一回に引き続き、

お子さまが自ら机に向かって勉強するようになるために親御さんが必ず覚えておいてほしいことについてもお話ししていきます。

まずその一つ目。

「勉強が続けられなく理由の7割は実は親が子供に対して無理やり勉強させる努力をすることにあります」。

これ、本当なんです。

我が子となると情が入ってしまうので、無理やり勉強させたりとか、「お前、何しとんねん!」みたいに罵倒してしまったりとかしますよね。

子供が本当に頑張っているところってなかなか目につきにくいんですけれども実際のところはですね

勉強を強制することがね、一番やる気をなくさせてしまうんですね。

そして二番目に、

「どんな手法に頼るよりもお子さんのやる気をあげてあげること、そして保ち続けてあげることがなによりも大事です」。

「親が子供に対して無理なり勉強させる努力はいけない」、ということです。

これを聞くと、

「これができるんやったらもうとっくにしてるわ」って思われると思うんですけれども、

これねやっぱり

「自分の子供」

っていう情が入るとなかなか第三者目線で物を見れなくなって本当に他人ごとで見れないんですよね。

そうなったときにやっぱりその思ってもいないことを言ってしまったりとかね、

あとで反省したりするんですよ。

そういう時にやはり「第三者管理」。

第三者の方が間に入ってくれることによって常にモチベーションは維持することができますね。

あとはお子様のマインドセットが何よりも重要だと思うんですけれども、

実は勉強は外的要因でやるよりも内側からのエネルギーの方が爆発的に強いんです。

ゲームをするときとかねそういったこと好きなことをする時って

誰かに強制されてやる人ってあんまりいないと思うのですが、

自分から「やりたいな」「遊びたいな」っていう気持ち、

実はこれが勉強にもね同じようにねトリガーを引くことができたら、

本当に爆発的に「これは楽しい」「こんな解き方があったんだ」という風なきっかけになります。

すごい「勝ち経験」も積んで行くことになり「勉強がやりたくて仕方がない」という状態になります

そして毎回の模試で偏差値5を上げるためには実はやる気を「継続」させなきゃいけないということですね。

「やる気を継続させるためには何が必要か」というと、

日々の小さな成功体験が必要になってきます。

毎日コツコツ「何か宿題ができた」、そのことに対して褒めてあげる。

実は中学受験の勉強は学校で習わない9割が出るのです。

それをしただけでも「素晴らしい」「本当に偉いんだな」ということを承認してあげて認めてあげること。

そこからね子供もこんなにも頑張ったらお母さんも見てくれているということで、続けられるというふうになります。

小さいことでも頑張ったことは、彼らにとってすごく大きなことなのです。

そこに対して褒めてあげましょう。

そうするだけで子どもたちは、継続することが可能になっていきます。

実際に、こうした学習をすることで、
様々なお子様が変化していく姿を私たちは見てきました。

ビフォーアフターになります。

「コツコツ勉強するのが苦手年学習習慣が身につかず授業で置いてけぼりだったところが、やる気になって勉強が大好きになった」

「勉強のやり方がわからず偏差値40前後をうろうろしていたが、正しい勉強方法がわかった結果学習習慣が変わり、偏差値10アップを達成」

最後までご覧いただきありがとうございました。

感想や質問、私へのメッセージはこちらに送ってくださいませ。

PAGE TOP
MENU