【中学受験】父親の普段の姿は子供の勉強のモチベーションに影響します

こんにちは。

中学受験をされる方は、これから過去問演習や、新しい単元の予習復習など、
勉強のスピードを上げていく事だと思います。

突然ですが、質問です。
中学受験をされるお子様を持つ父親の方は、
子どもの学習にどれくらい関わっていますか?

実際、関われる時間は少ないし、塾の先生に多くは任せて大丈夫でしょう。

しかし、子供が学習意欲を維持、向上していくために、父親という存在は、父親が思っているより重要なのです。

そこで今回はプロ家庭教師のEdenが、子供がモチベーションを保つために父親ができることを話します。

父親が「生きる型」を普段から見せましょう。


受験に向けて子供の学習意欲を維持させるには、
ずばり、父親が生きる
見せることが大切です

確かに、昔なら「子供は父親の背中を見て育つ」で良かったかもしれません。
父親が何か語らなくても、子供は父親の働く姿を見て目標にしたり、
場合によっては反面教師にすることができたでしょう。

しかし、
ゲームやスマホなど刺激的なグッズに囲まれて生きている現代の子供たちは
大抵、興味の対象が父親ではなくデジタル機器に向かってしまので、
時には父親が、子供の顔を父親の方へと向けさせることが必要になってくるのです。

問題は、「そこで何を語るか」、です。

父親の中には、自分のことを謙遜して「自分なんか大したことないよ」と言う父親がいます。

父親としては、
「だから、せめてお前はしっかりと勉強して、ランクが高い学校に進んでほしい」
と言いたいのでしょうが、私はこの表現を避けて欲しいと考えています。

なぜなら、「パパは大したことない」と言えば、
子供は単純に、(そうか。パパはすごくないのか)と思い、
お父さんのようになっちゃダメ」と言えば、
子供は(お父さんは立派じゃないのか)と受け止め、
父親を大きな存在と思わなくなる可能性があるからです。

仕事を続ける中で、
(上には上がいるなあ)と実感していたとしても、
また、(俺は万年係長。もう昇進はおぼつかないな)と自分の先行きを悲観的に考えていたとしても、
少なくとも子供の前では、「父親は立派で大きな存在」というイメージを与えるようにしよう。

有名大卒の父親でも自分を低く見せようとすると
子供は(勉強していい大学に入っても、いいことないじゃん)と感じてしまい、
父親が「勉強しなさい」と言ったところで説得力がなくなってしまいます。

私は中学受験で子供のモチベーションを維持するには、父親自身が夢を持ち生き生きとした毎日を過ごすことが大事だと考えている。

「夢叶うまで挑戦」

これは、アメリカ大リーグで活躍していた岩村明憲選手が、
宇和島東高時代に当時監督の上甲正典氏から教わったものとして大切にしている言葉ですが、
この言葉通りに父親が夢を持ち、その実現に努力している
家庭の子供は、
子供自身も父親の姿にならって夢に向かい努力を継続するようになる可能性が高くなります。

もちろん、何も大きな夢である必要はありません。
「今月は朝早く出勤するぞ」
でもいいし
「隣の家で開催される草野球でヒットを打つぞ」
でもいいです。

今はこれといって意味がないと言う父親でも、
子供には「パパ、すごい」「お父さんはかっこいい」と言う印象を与えていきたいですね。

確かに、家庭に帰れば、つい上司の悪口や愚痴も言いたくなるところですが、
「部長がバカでさぁ
……」などとネガティブな発言を発するより、
「きつい仕事だったけど、やり遂げると案外、気持ちいいもんだよ」
と、前向きに語り、生き生きと働く父親の「型」を見せておくといいですね。

父親の生き方が変われば、子供も変わると私は固く信じています。

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

参考・引用 清水克彦『中学受験 ―合格するパパの技術』

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください