【保存版】中学受験において、子供が『社会』を好きになるには?

こんにちは。

プロ家庭教師Eden代表の居村直希です。
今回は「社会」について話します。

中学受験で一番暗記量が多いのは、「社会」であると思います。
なので、社会が嫌いな子供も多いと思います。

しかし、社会が好きになると、大量の暗記も、楽にできます。

子供がポケモンの名前をほとんど暗記しているのは、ポケモンが好きだからです。
好きになってしまえば、暗記は楽なのです。

また、中学受験で出てくる社会の知識は、高校受験、大学受験にも多く出てきます。
働く年代になっても、基本的な社会の知識を知らないと、恥をかいてしまうかもしれません。

つまり、「社会」を好きになり、得意科目になるというのは、受験に有利以上のメリットがあります。

そこで今回は、子供が社会を好きになるにはどうすればよいかについて話していこうと思います。

 

社会が好きな子をつくる学習の習慣とは?

photo-1486942095101-c8861c73922a

 

社会が好きな子をつくる学習の習慣とは、何でしょうか?

そもそも、中学受験の社会には、「地理」、「歴史」、「公民」があります。
なので、順番に説明していきます。

 

「地理」を好きになるには?

「地理」の学習では、「地図帳」が不可欠です。

単純に場所を確認するだけではなく、関連事項も合わせて覚えるよう、工夫するのをおすすめします。

根釧台地を探したときに、名前の由来が「根室」と「釧路」の間にあるということを探してみるのも面白いでしょうし、
なぜ甲府盆地では果樹栽培が盛んなのだろうと理由を考えてみるのもいいでしょう。
マンガや小説のキャラクターの名前が地名から来ているのを発見するのもいいですね♫

地図帳と開いた回数と地理の成績は比例するとも言われています。

 

「歴史」を好きになるには?

社会の中でも最も暗記量が多いのが、「歴史」です。
なので、「歴史」が嫌いという理由は分かりますが、好きになった時に最も伸びやすいのも「歴史」です。

歴史というのは、様々な人が織りなす「ストーリー」です。
だからこそまずは、おおまかに時代の流れをつかむことが大切です。
時代の流れをつかんでしまえば、社会が簡単に感じられ、「嫌い」から「好き」に変化しやすいです。

流れをつかむために最も有効な教材は、実は、「小学校の教科書」です。
細かいことは書いていませんが、歴史の幹の部分が書いてあります。

また、歴史に関するテレビや歴史マンガなどで興味がわくと、子供はどんどん「歴史好き」になっていくと思います。

 

「公民」を好きになるには?

「公民」では内閣や国会など、子供には一見、よくわからないような事項を覚えますが、
実は、私達の生活に関わっている内容が多いです。
「歴史」は過去のことであり、「地理」は、今自分が住んでいるところの内容はほとんど出ないと思います。
それに比べ、「公民」の内容は私達に身近です。

公民を好きになるには、まず、親子で見るニュース番組を決めて、そのニュースについて話し合ってみるのがいいです。

自然と子供は、「社会で起きている出来事」に興味を持ち、分からない言葉が出てきたら親に聞くという姿勢が身につくのではないのでしょうか?

また、ある話題について周りと話し合うことで、「自分の意見を持つ」習慣ができれば、国語力アップにもつながります。

 

「社会」が好きになるために、生活の中でできる取り組み

photo-1489533119213-66a5cd877091

 

また、直接的には関係ないところでも、
毎日のちょっとした取り組みが、子供に社会の興味を持たせることに繋がります。

いくつか挙げるので、実践してみてください♫

ゴミの分別をさせている。
おつかいに行かせている。
一緒に買い物に行く。
部屋やトイレに世界地図や日本地図を貼っている。
歴史系や偉人のマンガが家にある。
旅行に行ったときに、行った場所を地図で確認する。

 

「興味」を持たせることは「好き」になることに繋がります。
なので、「興味」を持たせるきっかけづくりが大事ですね。

 

我々家庭教師のEdenは、このような受験のコツを知り尽くしている教師を揃えております。

現在無料で体験授業を行っておりますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください♫

※無料の初回体験レッスンは、人数に限りがあります。現在応募者殺到の為、お早めにご予約下さい♪

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください