【中学受験】「ノートを綺麗に書きなさい」は子供の為にならないかも。理由は「スピード感」を奪うから【親向け】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、
お子様のノートが汚い
という方はいませんか?

そんな時によく、
「綺麗にノートを書きなさい!」
という保護者の方がいますが、
それは、お子様にとって逆効果かもしれません。

実は、ノートを綺麗に書くことが、成績の向上につながる
とはいえないのです。

そこで今日は、中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、
ノートの綺麗さ、汚さについて話します。

※3分で読めます。

 

ノートの綺麗さと成績は比例しません。


 

ノートを綺麗に書いたからと言って、成績が上がるとは限りませんし、
汚いノートであるからと言って、悪い成績であるとは限りません。

 

超難関校の生徒は…

まず、子どもたちの長年の指導から言い切れることですが、
御三家といわれるような超難関校に行くような子たちには、
ノートがけっしてきれいではない子がたくさんいます。
そっちの方が多いくらいです。

 

東大生の小学生時代も…


東大生の小学生時代のノートを集めて一冊の本にまとめた本を読みましたが、
(『東大生が教える ぐんぐん「伸びる子」を育むノート術』新潮社)、

そこには、
見た目はけっしてきれいじゃないノートがたくさん出てきました。

 

ノートが綺麗であっても…

一方、ノートが綺麗であっても、成績が悪い子はたくさんいます。

特に女の子に多いです。

綺麗に書くことを重視するあまり、
肝心の理解や暗記が疎かになってしまうのでしょう。

 

ではなぜ、
とても成績が良い子に、ノートが綺麗でない生徒が多いのでしょうか?

 

理由は「スピード感」


その理由は、
「スピード感」にあります。

 

「スピード感」って何?

ここでいう、「スピード感」とは、
生活や勉強の上で、テキパキしているか。
ということです。

 

中学入試に必要な「スピード感」

中学受験の入試問題は、1教科40~50分で解かなければなりません。

解けそうな問題とそうでない問題を瞬時に見極める判断力や、
最短時間で答えを導き出す頭の回転力、
計算問題や文章の記述で手を動かす速さなど、

全てにおいて、「スピード感」が求められるのです。

 

汚いノートは「スピード感」があるからかも

つまり、
ノートが汚いのは、ただ雑に書いてあるのではなく、
「スピード感」を持って、
自分なりに、早く理解しているのかもしれないのです。

上記に述べた、
東大生の小学生時代のノートを集めて一冊の本にまとめた本
(『東大生が教える ぐんぐん「伸びる子」を育むノート術』新潮社)、

に載っていたノートは、
ぶっとぶような乱雑さがあっても、
どれもが個性にあふれ、ものの見事に書ききっていました。

お母さんからすれば、きちんと書いているように見えなくても、
そういう子たちは間違いなく書ききっているのです。

 

ノートに「スピード感」がある子は机が汚い


ノートにスピード感がある子は、
机の上もけっこう乱雑だったりします。

お母さんが「あ~あ」と、
ため息をつきたくなってしまうほどです。

 

しかし…

しかし、その子には、
積み重なったノートの上から3番目には、算数の演習ノートがあることは
頭のなかにちゃんと入っているのです。

積み重なった順番も、
その日、自分のやるべき勉強の順番だったり、
それなりの意味を持っていたりするわけです。

 

「片付け力」は必要です

本来「片づけ力」は、
中学受験する子が備えておくべき力の一つです。

自分が勉強しやすいように参考書やドリル、ノートを整理整頓しておくことは、
要領よく勉強を進めるためにも必要です。

 

→でも、超難関校レベルだと…

ただし、超超難関校レベルの子になると、
片づけ力より、課題をてきぱきとこなしていく
段取り力のほうが勝ってしまうということがあるのです。

 

 

【注意】汚さを推奨していません!


とはいえ、
ノートが汚いことや、机の上が汚いことを
推奨しているわけではありません。

 

普通に駄目な場合もある

理解もせず、ノートをとっていない生徒も多くいますし、
机の上も汚いし、どこに何があるか把握していないという生徒も多くいます。

「スピード感」とか、関係なく、
ただ怠慢である、というパターンです。

これはもちろんダメです。
綺麗に書かせたり、片づけをさせるべきでしょう。

 

「スピード感」を消してはいけない

しかし、
成績が伸びていたり、勉強への熱が出てきた時に、

無理やり「綺麗に書きなさい!」
と言って、
その子が身に着けかけていた「スピード感」を消してしまうのは
止めた方が良い、ということです。

 

結論です

「スピード感」があるのなら、
ノートは綺麗である必要はない。

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

参考・引用 高濱正伸『危ない中学受験』2014

記事公開日・最終更新日 2019年10月30日

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください