【中学受験】ケアレスミスは仕方がないことです。【しかし、計算ミスは絶対直すべき】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、
「ケアレスミスが直らない…」

とお困りの方はいませんか?

本記事では、中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、
中学受験のケアレスミスについて話していきます。

 

ケアレスミスは誰でもします。

silhouette of people standing on mirror during golden hour

 

ケアレスミスとは、
「書き間違いや読み間違いなどによる不注意なミス」
のことです。

たしかに
そういうミスを子どもはよくします。

しかし逆に言うと、
そういうミスをしたことがない子もいません。

だれでもおっちょこちょいのミスはするのですから、
これをなくすことはなかなかできません。

 

ケアレスミスは敗因にならない?!

ちなみに私の経験では、
ケアレスミスが原因で、
受験を大失敗した生徒はいません。

なぜでしょう?

やはり実際の入試では、
少なからずミスはしているのですが、

みんな同じ程度にミスをしているため、
影響は少ないからです。

 

ケアレスミスをなくすのは、効率悪いです。

 

御三家に入る生徒も、
普通にケアレスミスはするので、

ケアレスミスを絶対に直す!
という意思を持って学習に励んでも、
それは効率の悪い努力になってしまいます。

 

 

→ケアレスミスも想定内。

なので、
受験本番で、
ミスこみでも合格できる力をつける
という方向で、努力していくといいでしょう。

 

 

計算ミスはケアレスミスではないです。

 

 

しかし、
注意点があります。

ケアレスミスはなくせないのですが、
「なら、計算ミスはしょうがないか」
という考えは、違います。

計算ミスで受験に大失敗する人は、毎年います。

 

なぜなら、
計算ミスは、ケアレスミスではないことが圧倒的に多いからです。

そして、
計算ミスの原因のほとんどは、
計算力不足にあるのです。

 

計算力が足りない原因

計算力が足りない原因は、2つあります。

  1. 計算練習の不足
  2. 計算知識の不足

です。順番に話します。

 

①計算練習の不足

low angle view of tower books

 

①は文字どおり、
計算量が足りないことです。

 

ただ多くやるのは、NGです。


しかし、ただ単に、
計算練習を多くやればいいわけではありません。

何十問も無意識にだらだらやるのではなく、
短い時間で集中して、練習する回数を増やすことが大切です。

時間内で全問正解をするという負荷をかけながら
毎日練習していけば、計算ミスは減っていきます。

家でやる場合は、
満点ならご褒美シールをあげるなど
ゲームの要素を取り入れるのもいい でしょう。

 

②計算知識の不足

 

②の計算知識の不足とは、
計算のきまりや、
計算の工夫の仕方を知らないということです。

 

5年生の計算の例


わかりやすい例として
5年生の計算を挙げます。

6 × 6 × 3.14 + 8 × 8 × 3.14

の計算を、

(36 + 64) x 3.14 = 100 × 3.14 = 314

と当たり前のように、
工夫して計算できるかということです。

 

 

同じ失敗を何回もします。

「そんなことは教わればできるでしょう」
と思うかもしれませんが、

学校では小数が混ざった工夫する計算はやりませんから、
別々に小数の計算をしてミスをしてしまうので
す。

計算をする前に、手順を確かめてからやる習慣が身につくまでは、
何度か同じような
失敗をします。

 

工夫すると計算ミスを減らせます。

このように、
「工夫して計算する」
「できるだけ余計な計算はしない」
ということを身につけると、
計算ミスを減らすことができます。

 

子供に分析させるのもあり。

また、
ある程度。計算力がついてからの話ですが、
子ども自身に自分のミスを分析させるというやり方もあります。

「約分忘れ」
「単位ミス」
「転記ミス」
「くり上がりのミス」
「特定の九九の言い間違い」
など、過去のテストからミスした原因を書きだします。

そして、
「分数の答えは約分に 気をつけるべし!」
などの格言調にした注意書きを机の前などに貼っておくのです。

 

 

結論です。

ケアレスミスは仕方がないですが、
計算ミスは直しましょう。

 

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年11月25日

参考図書
松島伸浩『中学受験 親の関わり方大全』2017

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください