【中学受験】冬休みの予定は、秋の内に立てましょう【冬期講習は、受けるべき】【小学4・5年生】

 

こんにちは。

小学4、5年生の
中学受験をされるお子様を持つ保護者の方は、

お子様の冬休みの予定は、もうお決まりでしょうか?

今のうちに、冬休みの学習予定について考えた方が良いでしょう。

そこで今日は、中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師のEdenが冬休みの学習について話します。

 

秋の内に、目標、計画を立てましょう。

photo of snowman with stick hands on snow filed

 

冬休みは期間が短いうえに、
間にお正月休みを挟むため、
勉強に集中できる日が限られています。

期間の長い夏休みであれば、
多少、中だるみしても立て直すことができますが、
冬休みはそうはいきま
せん。

そこで、

冬休みを有意義に過ごせるかどうかは、
秋のうちに冬休みの目標を明確に立てられるかにかかっています。

 

→有意義に過ごせます。

「冬休みが終わったときに何ができるようになっていたいか?」
「各教科、どのくらいできるようになっていたいか?」


といった目標を、冬休み前までに決めておけば、
ダラダラと過ごしてしまいがちな冬休みを、
有意義なものにできるでしょう。

 

 

1月の模試を意識しましょう。

冬休みの過ごし方で特に意識したいものに、
1月上旬に実施される模試があります。

この模試は 4・5年生にとっては、
次の学年のクラスを決める大事なテスト。

このテストの結果によって
次の学年をどんな立ち位置で臨めるかが決まります。

 

上位クラスの方が良い。

やはり、
大手塾は上位クラスに入れる子ほど、
受験に有利になる仕組みになっています。

そして、
一度クラスが決まると、
上位のクラスに移るのは大変です。

つまり、
年明けの模試の結果で、
今後の受験勉強が決まってくるのです。

 

冬期講習は、基本的には、受けましょう。

pile of books beside white printer paper and black ballpoint pen

 

冬休みの予定を立てる上で一番気になるのが、
冬期講習です。

受けるか受けないか、悩みますよね。

Edenとしは、できるだけ、
受けた方が良いと考えます。

 

最後のチェックポイントです。

4・5年生の冬期講習には、
その学年の総仕上げをするという意味合いがあります。

つまり、
2月からの次の学年を迎える前の、
最後のチェックポイントとなるのです。

 

冬期講習は塾に通う子の多くが受講しますが、
多くの場合、必修ではありません。

ただし、
その学年で習ったことをまとめて復習できる唯一の期間なので、
できれば受講したほうがよいでしょう。

 

4年生の場合…

4年生の場合、
これまでの学習が順調に進んでいる子は、
冬期講習で少しチャレンジ的な問題にも取り組むことになるので、
やはり受講したほうがためになります。

また、
受験生の6年生が必死になって
勉強している姿が見られるときでもあります。

4年生にとってはまだ先のことですが、
受験本番前の空気を味わっておくのもよいでしょう。

 

例外もあります。

ただし、全員が全員受けるべきとは思いません。


分数や複雑な計算ができていないなど、
できていないことのほうが多い子は、
冬期講習を受けてもあまり意味がありません。

こういう子は冬期講習は受講しないことをおすすめします。

 

→家庭学習で基本を押さえましょう。

こういう子は、
家庭学習をして、
まだ身に付いていないものを克服する時期に充てま
しょう。

ここで自分の弱点を克服し ておかないと
5年生でついていけなくなってしまうからです。

四大受験塾では、5年生のカリキュラムがスタートする4年生の2月から、
勉強の内容が徐々に難しくなり、
学習量も4年生と比べて1.5倍に増えます。

つまり、
「4年生で習った基本はできていて当たり前」
という状態からスタートし、
徐々に応用へと 入っていくのです。

今のうちに、基本を押さえましょう。

 

5年生の場合…

では、
5年生の場合、
冬期講習は受講したほうがいいのでしょうか?

5年生は秋の段階で、
受験に出題される範囲の約8割の学習が終了します。

冬期講習はその基本をしっかり押さえ、
6年生から始まる演習問題に備える期間なので、
5年生の場合は受講したほうがよいでしょう。

全体的に満遍なく学習する、実り多きものになるはずです。

 

結論です。

秋の内に、冬休みの予定を立てましょう。
冬期講習は、基本的におすすめです。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年12月1日

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください