MENU
バナー的な

 

あなたは今、こんなことで悩んでいませんか?
  • 毎日数時間の勉強をしているが思うように成績が上がらない
  • 勉強習慣が身につく様にアレコレ手をつけたが、全く続かない
  • 大手の塾で授業を受けているが偏差値が全く上がらない
  • 普段の学習は真面目にしているが、模試だとボロボロになってしまう
  • 勉強をやろうとしても「やる気」が出ず、結局は諦めてしまう
  • 高額な教材を買ったり、大手の家庭教師で大金をつぎ込んだが結果がでない
  • 親や先生に頼らず自主学習のみでしっかりと勉強習慣をつけたい
  • 偏差値を50以上を確実にキープし、志望校を確実に合格したい
  • 偏差値50、偏差値55、偏差値60とステージを上げていきたい

どうやって、こんな悩みを抱えていた人が偏差値20以上UPし、有名校に多数合格できるようになったのか? (ほんの一部を公開します)

僕は、大手の学習塾と個別指導の塾にいながらも成績が伸びず、勉強自体が嫌いになっていたところ、 居村先生と出会い、4年生から徹底的に指導してくださったお陰で、四谷大塚の模試で偏差値40だったのが、偏差値63以上になり、志望校だった、明治大学付属中野中学校に無事合格できました。 夏期講習の時も毎日僕たちの為に全力を注いでくださいました。 本当に有難うございました。

C・H君

先生とは、中学受験から大学受験まで5年間もお世話になりました。 最初は、中学受験で志望校である高輪学園に僅か3カ月の指導で合格まで導いて頂き、その後、中学高校と学年での成績はいつもトップで維持することもでき、 大学受験までサポートして頂き本当に感謝しております。 まさか僕みたいな生徒が先生の指導1本で早稲田大学まで合格できるとは思いませんでした。 本当に有難うございました。

K・O君

僕は帰国子女なので、中学受験での日本語の理解が他の人よりもできなかったのですが、先生の指導を受けてから、みるみるうちに算数の読解問題も理解できるようになり、無事、志望校である海城中学校に合格することができました。本当に覚えの悪い僕に、親身に丁寧に最後まで指導して頂いた先生には感謝しています。

H・K君




Eメール
 
 

 皆さま、こんにちは。家庭教師Eden代表の居村直希です。

私は、「人間味溢れるハートフルな教育」を信条に、大手進学塾・私立高校等の講師、プロ家庭教師として、多くの生徒に接してきました。

これまで1000人以上の生徒を指導させていただきましたが、共通して抱えている課題は、

「やる気を継続できない」ということです。

皆、これができれば問題無い訳なのですが、

人間というのは、物事を継続させるに、

楽しいという「快」の反応でしか継続できない生き物なんです。

特に、子供は「分かった!」「できた!」という快の反応では凄いエネルギーで物事を取り組むようになるんですね。

では、その子供たちの「分かった!」「できた!」という快の反応を導きだすにはどうすればよいのでしょうか?

大丈夫です。

我々Edenは、居村代表をはじめ皆、受験を経験し、勉強の楽しさを知っており、指導経験が豊富で、何より子供たちと共に学ぶのが大好きです。

そして、勉強以外でも、自然での教育を基盤とした居村代表の指導方法は、誰もが楽しく学習できるように、あなたのお子様だけの完全オーダーメイドの授業を提供させて頂きますので、
その効果にご納得頂けることをお約束いたします。

塾講師で有名な林修さんは、小学生の成績UPについてこのように話しています。

「教育にこうじゃなきゃいけないという正解はない」と。

つまり、親と子の価値観にも違いがあるため、親の価値観を押し付けるのではなく、
子供の「やりたい」という気持ちの手助けをすることが究極の目的だということです。

親が勉強をしなさいと言わなくても子供が自ら勉強をする状態
無理やり勉強させるよりも、何かをやり遂げたほうが有意義である状態
そしてそれが長期的に続く状態

これこそが本当の教育だと私は思っています。

そして、あなたのお子様には、親であるということ以前に、
子供を一人の人間として扱うことがとても大切だということを認識して頂きたいと思います。

自分の子供にとって何が一番良いかを必死に模索するのが親の務めだということです。

 

親が子に対して無理やり勉強させる努力をするということは、

簡単にいうと、子供自らが、勉強をしたくない環境にしてしまうことです。

では、なぜ親が子に対して無理やり勉強させる努力をする状態になってしまうのか?

その理由は4つあります。

1 勉強に集中できる環境になっていない

2 子供のことを尊重していない

3 親が無理やりやらせることに気を取られ、子供自身が何かをやり遂げたという達成感を経験させてあげれていない

4 親と子の価値観の違いがあることを理解していない

でも逆にいうと、

この4つの問題を全て解決すれば、あなたのお子様の学習意欲は向上し、偏差値も上がり、
志望校に合格することが可能ということです。

 

現在私が提供しているサービスの個別相談への申し込み状況です。
多い時で1日10件以上の個別相談の申し込みが入っています。

 

 

こんな状況が3年以上続いてるので、日々楽しく受験指導させて頂いております。
同様に、毎日個別相談や体験セッションに申し込みが入り続けています。

そしてこの仕事を10年以上させて頂いて、
あまりにも多くの保護者の方々が受験勉強について悩みを持っているということを知り、
今回、無料のオンライン講座を期間限定ですが無料でお届けすることにしました。

合格はもちろん重要です。

それはこの先のプログラムで詳しくお伝えしていきますが、
まずは土台になる指導方法を正しく理解しなければ、
どれだけ自己流の勉強を頑張っても成績を上げることはできません。

なぜなら、大手学習塾・大手家庭教師センター・学校教育・世の中にはいろいろな勉強方法がありますが、実際に受験勉強で成績を確実に向上させれる人はほとんどいません。

それは本当の指導方法を理解していないからです。

あなたのお子様が勉強を継続し、成績を向上させるためにも、もまずは本当の指導方法をしっかりと学びましょう。

5ステップ講座 偏差値を20あげるための家庭学習法

偏差値を上げ、成績を伸ばし続けていくためには本当の学習方法を理解しなければいけません。

勉強すること自体はもちろん重要です。

それはこの先のプログラムで詳しくお伝えしていきますが、

まずは土台になる学習を正しく理解しなければどれだけ勉強を頑張っても偏差値を上げることはできません。

なぜなら、大手の学習塾のようにただ数をこなしていたり、時間だけを費やしても実際に偏差値をあげている人はほとんどいません。
それは本当の学習方法を理解していないからです。

あなたのお子様が偏差値を伸ばし続けるためにもまずは本当の学習方法しっかりと学びましょう。

  • 潜在意識と顕在意識を書き換える
  • 新しい価値観、行動、環境を作る
  • 過去の自分を変えていく
  • 未来設定で行動するべし

正しい学習マインドを理解したら次に大事なのは成功体験を積んだ、
本物のプロの先生が決めた具体的な勉強方法を理解し、行動することです。

具体的な勉強法とは、簡単にいうと、無駄な作業を徹底的に排除し、正しい学習方法を軸をルーティン化するということです。

この学習方法は非常に重要でどれだけ独学でやろうと思っても難しいので、しっかりと成功体験を積んだ教育指導をしっかり理解している人から学ばなくては意味がありません。

逆に本物の学習方法を理解すれば、グングンと偏差値は向上していきます。

この本物の学習方法を理解することで、志望校合格を確定する9割は決まると言っても過言ではありませんので、まずは正しい学習方法を身につけましょう。

  • 時間対効果 1時間の勉強でどれだけ理解できたか?
  • 音読 覚えたいことは徹底して、声に出して読む
  • 健康 睡眠をとってこそ効率的に勉強できる
  • 能率 無駄な「作業」は徹底して切り捨てる
  • 興味 「楽しく勉強する」ための努力を惜しまない
  • 目標 何のためにやっているのかいつも考える

正しい学習方法を理解できたら、今度は、確実に忘れない暗記法を身につけなければなりません。


ほとんどの生徒が、長期記憶に結びつく暗記法を、理解していないのと、教えてくれる先生がいないのが現状ですので、それらをしっかりと指導、管理できるのは我々のサービスだけだと思っております。

なので、正しい勉強の仕方を習得し、
確実に点数に結びつく暗記法をマスターできるように解説していきます。

  • 脳がなれないよう、やり方を変えながら暗記する
  • 「最初は浅く、反復しながら深く」スパイラル方式で暗記する
  • 1冊のノートをボロボロになるまで使って覚える
  • 問題はどんどん書き込んで使い捨てる
  • Aの次にBへ、優先順位の高い淳に覚える

中学受験にむけての、正しい学習方法と、忘れない暗記法をマスターすれば上手くいく!
と言いたいところなんですが、

いざ、スタートしてみると、簡単には勉強は習慣化できないんですよね。

それは、コベリ付いた「できない」というネガティブな思考が原因なんです。

なので、プログラム4ではその、マイナスのイメージを払拭し、自ら勉強できるようなマインドを習得するための内容を準備しております。

  • 周りの意見に左右されるから集中できない
  • 間違うことを恐れるから勉強が進まない
  • 完璧であることを求めるからゴールから遠のく
  • 1か0かと考えるから、一回の失敗で挫折する

このように中学受験は、普通の学校で教わる学習とは全く違うことをご理解頂けたと思います。

頭では分かっていても行動できない。現実はこの様な生徒が殆どです。

ですが、そこを何が何でも合格に多数導いた型破りのノウハウを実際の経験談を元にお伝えします。

  • 志望校選びのテクニック
  • 過去問との相性を見る
  • 要領が全て、解ける問題から解く
  • 中学受験は最大の投資と認識する
  • 最後は親の愛
IMR Education が居村直希先生を推薦する理由

それは、『生徒の心に向き合える先生』という点です。
『寄り添う』だけではなく、『向き合える』先生、というのは、ほとんど存在しないのではないでしょうか。

最近の傾向として、生徒のご機嫌を伺い、上辺だけで指導する先生も増えてきているように思います。
それはどうしてだと思いますか?
それは、向き合って真剣に指導することは労力も使いますし、何より面倒だからです。

真剣であるが故に、厳しい課題を与え、時には耳に痛いアドバイスもしていく過程で、生徒と親御さんに(一時的に)嫌われることさえあります。
そんなリスクを負うよりは、当たり障りのない、ご家庭を心地よくさせる言葉だけを用い、指導時間をやり過ごしたほうが、楽ですよね。
家庭教師として、お金を頂けることに変わりはありませんので。

家庭教師として、受験を通しての生徒と親御さんとのお付き合いは、数か月から、長くても1年ほどかと思います。

その期間、全力で妥協なく正面からぶつかってくれる先生と、お客様扱いをしてくれる先生と、どちらをあなたは選ばれますか?

厳しさの中にこそ、本当の優しさが存在します。
裏表なく、生徒にストレートに、そして真摯に向き合い続けていく居村先生の授業を、どうぞ体感してみて下さい♪

IMR Education 代表 白間志乃


IMR Education とは?

IMR Educationは、未来ある子どもたちへ、
価値ある授業をお届けするイギリスの塾・教育機関です。
帰国子女受験を中心に、未就学児対象の日本語教室などを行っております。
どんな些細なお悩みでも、解決の糸口を見つけるべく、ご相談に応じます。

↓先日、IMR EducationとEdenが合同で、セミナーを行いました。是非ご覧ください↓



 

 
 

S__28213251

親の私の責任かも知れませんが、小さい頃から勉強の習慣がつかず、今小6となり、かなり焦っています。 わがままな娘で言うことをききません。受験に合格できるでしょうか。現在、偏差値は四谷のテストで45前後です。

まず、わがままな娘さんとありましたが、そもそも子供はわがままな生き物です。

この難しい中学受験の畑で、娘さんを管理できなくても仕方のないことです。

では、どうすれば勉強習慣をつけられるか?簡単です。

我々プロの家庭教師に第三者管理をさせることです。

人間は、上司に期限を決められたリすることにより、危機感と責任感を持ち行動をします。

Edenでは、LINEにて個別に、毎日の学習内容の徹底管理をしております。あなたのお子様が自然と勉強習慣がつくようにプログラムされておりますので、安心してお任せください。

本が大嫌いで、国語の文章がまったく読めません。どうすればいいでしょうか。

まずは、親御さんのほうから音読をしてあげましょう。

一字一句、丁寧かつリズミカルに読み上げることが大切です。

分からない言葉があれば、その都度一緒に辞書を引き、付箋を貼り、言葉に対して愛着を持って、あなたのお子様に伝えてあげてください。

注意点ですが、絶対に読ませるという方向ではなく、まずは親御さんのほうから読んで、「読書は楽しいんだよ」という姿勢を見せてあげることが大切です。

計算のスピードが遅く、いつも、模試では全部の問題が解き終わりません。日々、どんな算数の勉強をしたらよいでのしょうか。

計算には四則計算がありますよね?

その四つの計算でも、足し算、掛け算は得意でも、引き算、割り算が苦手な子もいます。

まずはこの四則計算の中で、得意な分野を集中的にやらせてあげるのがベストです。

そこで、足し算や掛け算がサクサク出来てきたときに、少し引き算や割り算をおり交ぜていって、自信を付けさせながら、量を増やしていけばよいです。難しい問題がでてきたときは、また簡単なところから戻って丁寧にやることが大切です。

非常に根気のいる作業ですが、しっかり親御さんのほうでも見てあげてくださいね。

娘は虫が苦手で、理科の勉強が苦痛に感じているようです。何か克服する方法はありますか。

すみません。私は虫が大好きなので一瞬迷いました(笑)。 

ですが、私も毛虫等は苦手です。 なので、最初は図鑑でも、好きな昆虫ばかりみていましたね。

ただ、生物全体でみていくと、食物連鎖の分野で、とても面白いことに気づいたんです。

この芋虫、毛虫さんが、鳥によって食べられ、その後、彼らも猛禽類により捕食され、その後、彼らの糞を栄養源として生きている分解者や、植物がいて、その結果、人間にとっても大切な、きれいな空気を作ってくれます。

視点を変えるだけで、苦手な芋虫、毛虫さんも、我々人間にとって大切な存在であることに気づかされると思います。

そういった入り口で、見ていけば一見苦手な昆虫さんも、理科も、楽しくなるのではないでしょうかね(^^♪

社会の、特に地理が苦手です。範囲が広すぎて、何から手をつけてよいかわかりません。

そうですよね。地理は広いように感じますよね。

ですが、実際地理は、日本地理、世界地理しかないんです。

日本も細分化すると、北海道、東北、関東、中部、近畿、四国、中国、九州と8地方程度で、その地方の特産品、気候、工業地域を集中的に詰め込めば、3,4カ月程度で問題なく6年生の内容は網羅できます。

ちなみに、中学受験では、世界地理はあまりでません。日本との貿易国や、資源国からの輸入先さえ頭にいれておけば割といけます。

全体を見るとそこまで多くはないので、一つ一つを細かくみていくというよりは、日本全体を見て、「北海道から九州まで日本一周旅行をしているんだぞ!」という感覚で取り組んだらよいと思います。

66D06992-6F28-4802-8D62-FE5E8B20685D

母親の私が教えると、どうしても喧嘩になってしまいます。どうすれば、子どもたちに平静で教えられるでしょうか。

そうですよね、私も自身の子供ができたら、喧嘩になると思います(笑)。

お子さんに対する期待や、愛情が深い故の結果で、どのご家庭でも同じだと思いますので、

第三者である我々プロの先生に仲立ちしてもらいながらやるのがベストだと思います。

私は何百というご家庭の中で、指導をしてきましたので、

その辺りのお悩み解決は一番の得意分野です。

是非一度、ご相談してください。親身に対応させて頂きます。

主人が、子ども受験に無関心で、公立でもよいと言っています。私はどうしても、私立中にいかせたいのですが、どのように主人を説得すればよいでしょうか。

お父様に説得させるには、まず

「なんで?WHY」「具体的には?HOW」「それで?SO WHAT」と聞かれると思いますので、

これらに対する答えを用意しておく必要がありますね。

例えば、私立に行けば、設備も整っているし、6年間となると衛生的な部分も気になるので、私立のほうがいいです。

他には、具体的には、「私立だと、受験で頑張ってきた生徒が集まるので、質の高い友人に出会えるから」とか、費用面でも、「一時的に高く見えるけど、長期的に見れば、付属校なら、大学受験で失敗するリスクも減るし、良い先行投資になると思うんだよね」

というふうに、ロジカルにお話しすると上手くいくかもしれませんね。

子どもよりも、私のほうが、模試の結果に一喜一憂してしまい、子どもをきつく叱ってしまいます。模試の結果はどのように受けとめればいいですか。

子供の期待値、親の期待値の違いから起こるトラブルですね。

そもそも、親の期待値は高いものなので、これも仕方のないことです。

ただ、子供も期待値が低いか?といえばそうでもないです。

中学受験の内容が難しすぎるのと、模試に慣れていないのため、悪い点数になるのは当然なんです。

なので我々プロが、模試の点数の取り方を伝授し、期待値の差を埋めさて頂きます。

模試に向けた勉強の仕方、受験合格の勉強の仕方、普段の自宅学習の方法など、実はほとんどの方が知らないので、そちらのテクニックも、5ステップ講座でしっかり勉強できるようにしています。

FAA2F7FF-2238-4479-BE19-DD0D7B4656F1

以前習っていた大学生の先生は、経験があまりなく、自己流の指導法のような気がして不安でした。その点、edenの先生は大丈夫でしょうか。

ご安心ください。指導方法については、しっかりとした研修を積んでおりますのと、弊社の採用率は10%なので、慎重に先生選びもしております。

私、代表の居村が、すべての生徒、先生を徹底管理しておりますので、どうぞご安心ください。





 
 

プロフィール

居村 直希(NAOKI IMURA)

家庭教師&個別指導 Eden 代表

幼少期のころから、自然が大好きで夏は虫とりや外遊びが大好きな子供でした。小学校5年生の頃、バブル崩壊と共に父が経営する建築会社が倒産に追いやられ、転校と引っ越しを繰り返しました。

そんな、生活するのもやっとの状態でも、
僕たち子供には、塾や習い事は最後までやらせてくれました。

そのときの家族の優しさを知ってからは、一念発起して猛勉強するようになり、高校当時、偏差値は40台から60台まで底上げすることができました。

大学に入ってからは、将来、教える仕事につきたいと、教員免許まで取得しました。

その後、元私学教員、元大手学習塾在籍時NO.1人気講師の経て、たった1人で10年間で1000人以上の生徒を指導し、現場での経験を大切にしてきました。

「生きる力を養い、一人一人の生徒を勝たせる」ということを信念に、どんな状況の生徒も、確実に志望校を導いてきました。

現在は自身の運営する家庭教師Edenの代表を勤めながらも、無休で生徒の指導と先生の教育に全力を注いでいます。

「家庭教師Edenの公式会員」には80名ものメンバーが在籍。

そして家庭教師Eden以外にも、先日提携したイギリス塾IMR educationでの海外展開や、

超教育協会にて、ブロックチェーンを使った教育指導の監修など様々な事業を展開しています。

教師職歴

2007年 大学在学中 明○義塾にて講師キャリアスタート
 大学生ながら当時居た校舎にて人気講師として指名されるようになる

2008年 上京後、○海セミナーにて、関西弁の面白い先生として、
 指名No.1講師として国、数、英、理、社と全科目指導し、
 集団塾講師として、年間200人以上の生徒を指導する

2009年 大手家庭教師センターより、中学受験指導のキャリアスタート
 受験生以外にも、不登校、発達障害の生徒も指導し、
 こちらも指名No.1講師となり、当時の登録会社の中で
 1,000人の中からMVPを表彰される

2010年~
2013年 河○塾、四○大塚の中学受験担当コースの講師として、
 中学受験算数をメインに300人以上の生徒を指導し、
 合格を多数導く。

2014年~ 中学受験講師の傍ら、私立高校の教員として、大学受験英語を指導し、教育指導の観点から、2015年に
 独自のメソッドを構築する。

2017年~ 個人で中学受験の勉強を見ていた生徒に対し、もっと効率よく受験指導はできないか?と
 一念発起し、個別指導Edenをスタートする。
 その後、もともとプロ家庭教師としてのキャリアを活かし、
 現在プロ家庭教師のEdenの運営と、代表講師として、年間10人以上の生徒を
 有名校合格に導いている。 

2019年 イギリスのロンドンにある塾IMR Educationとも提携し、6月のイギリス出張では40人以上いる帰国子女の保護者に対して、セミナーを成功させる。

「中学校教諭一種免許状(英語)取得」
「高等学校教諭一種免許状(英語)取得」
「高等学校教諭一種免許状(商業)取得」

指導教科:中学受験:国語 算数 理科 社会
高校受験:英語 国語 数学 理科社会
大学受験:英語 小論文 現代文 地歴公民
趣味:歌唱 作詞 作曲 トレーニング 読書 音楽活動 執筆活動

共有:

いいね:

いいね 読み込み中...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。