【中学受験】高学年の子は、悩みを打ち明けません。親が注意して見ましょう。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、高学年なんだけど、徐々に思春期が始まってきている。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 高学年の子の、親に打ち明けられない悩み

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

本音を、明かしません。

 

子供は10歳を超えると、当然のことながら、
少しずつ思春期が始まってきます。

すると、子供は悩んでいても、
親に本音を明かさないケースが多いのです。

 

 

親はもちろん、不安です。

とはいえ、親にとっては、子供のそんな態度は、
めちゃくちゃ不安だと思います。

 

「受験も近いのに、何かに悩みすぎて体でも壊したら、どうしよう…」
と心配はふくらむでしょう。

 

独立した世界を持ちます。

思春期に入って行く子供は、

 

  • 明日がテストなのに、スマホのゲームをしている。
  • 親が子供の部屋の周りを歩くと、ドアをバタンと閉めてしまう。
  • 何か一言でも注意すると、夜遅くまで動画をみている。

 

などなど、親には知られない、
子供の独立した世界を持つようになります。

 

 

一人で悩んでいます。

そこで、そんな悩み事を、
学校の友だちに相談しようとしています。

 

とはいえ、子供が住んでいる世界は、
親たち大人のと比べると、めちゃくちゃ狭くなります。

 

  • 同級生とうまくいってない。
  • 先生が合わない。

 

などのことは、
子供にとってのほぼ世界全てが壊れることに等しいです。

 

 

だからこそ、親は子供に何かあったら相談してほしいと思っています。

 

でも子供は、一人で抱え込みます。

  • 多分親に言ったところで何も解決しない。
  • 悩みを言ったら親ががっかりする。
  • もし自分の悩みを相談したことが、親づてで他の家庭に回り、友だちが知ったらからかわれる。

などなど。

 

 

 

どうすれば気付くのか?

 

 

では、そんな子供の隠れた悩みを、
親はどうすれば気付いてあげられるのでしょうか?

 

分かりにくいです。

子供は、本音であればあるほど、
それが表面に出てくることは、あまりありません。

 

出てくるとしたら、
いつもとはちょっと違う行動に出てきます。

 

  • いつもより少し食べ過ぎ。
  • 食欲がいつもより少し少ない。
  • 寝つきが悪そう。
  • 朝寝起きがいつもより悪い。

 

などなど、
気を遣ってみないと見逃してしまうようなところに出てきます。

 

 

注意して、一工夫を。

親としては、子供が思春期に入りはじめたら、
注意して子供を見て、一工夫をするべきです。

 

例えば、よくある例としては、
LINEのメッセージ。

 

なんか、いつもとはメッセージが違う気がするなぁ。
何かあるのかもなぁ。

と思った時には、

「何かちょっと違うけど、どうなの?」

と、一声聞いてみましょう。

 

とはいえ、そんな気を遣っても、
子供は「特に」と、そっけない対応かもしれません。

 

なので、一言聞いたあとも、
子供の動向に意識を向ける必要があります。

 

今日は、「高学年の子の悩み」について話しました。

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年10月18日

 

参考・引用

『「勉強しなさい!」エスカレートすれば教育虐待』,日経DUAL,2019

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です