【中学受験】目標は小さく具体的にすることで、やる気が上がります。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

志望校とかクラス上げを目標にしているけど、
あまり子供はやる気を持って勉強していない…。

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 子供のモチベーションアップに効果的な目標の立て方。

について話します。

是非ご覧ください。

 

小さく具体的に。

 

 

目標を立てて子供のやる気を出すのには、
その小ささと具体性が大事です。

 

「開成中学に合格する!」と
意気込むような曖昧な目標だけでは、絶対にやる気は出ません。

 

例えば…。

そんな曖昧な目標よりも

例えば

  • テストで立体図形の範囲の所は、全問合わせようね。
  • この学校の過去問の大問1は、計算だから、1問ミスまでにしようね。

などなど、
具体的な方が意識しやすいです。

 

また、

  • 時間配分もあるから、最後の問題まで挑戦できるように頑張ろうね。

と、得点以外の目標でも大丈夫です。

 

 

クラス上がるのも漠然。

他にも、

  • 次の模試では、あのクラスに入れるように頑張ろう!

という目標も、おすすめしません。

 

クラスの上がり下がりは他の子の点数も影響してきますし、
確かに一時的にはやる気を出しやすいかもしれませんが、

そのために、具体的に何をやるかの方が重要なのです。

 

細かく設定しましょう。

具体性ではなく、細かさもまた、大事です。

 

  • この種類の問題は、4分以上は絶対にかけないようにしよう。
  • 最初は、15分で、子の文章題を解こう。

 

などなど。
大雑把な目標だと、達成しにくいものが多く。
取り組み辛らいです。

 

家庭でのフォローも大事です。

 

もちろん、テストの点や塾での勉強ではなく、
家庭学習での目標のフォローも大事です。

  • 帰ったらまず暗記モノを15分。それから3ページ、算数を解こうね。

と言うようにです。

 

シールを貰えるところでは…。

また、塾では、
小テストでいい点を取ったり授業で手をあげたりすると、
シールをくれるところがあります。

 

親もフォローしましょう。

そんな塾に通われている方は、
帰宅後、「シールもらえた?」と子供に聞いてみましょう。

 

もし子供が
「1枚も貰えなかった…」と落ち込んでいたら、

親は、子供がどこを頑張っていたのか、聞いてみましょう。

 

すると本当に頑張った子供は、
「○○と××ちゃんとやったのに…!」

と、即座に嘆きます。

 

そこで親が先生の代わりにシールをあげることで、
子供のメンタルをフォローして、やる気を維持できるのです。

 

 

今日は「子供に与える目標の具体性」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月20日

 

参考・引用

『最強の中学受験』,安浪京子,2018

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です