【入学前】小学生に入る前に、するべき先取り学習を話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

子供が小学校に入学する前に、
何か勉強するべきなのか、何もしなくてもいいのか…。

とお悩みの方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 小学生に入る前に、するべき先取り学習

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

しておきたい準備。

black and green click pen on white paper

 

小学校に入る前に、お母さん方に、
していただきたい準備があります。

それは、先取り学習。

それも、勉強に対して、「楽しい!」感情を増やすためのものです。

 

正のスパイラルです。

入学前に先取り学習をすることで、
もちろん入学してから最初の方の成績を、良くしたいです。

そこが良ければ、
「勉強できる!」と勉強に対して良いイメージが生まれます。

そして、

「楽しい」⇒「もっと頑張ろう」と、
正のスパイラルを生むことができるのです。

これが狙いです。

 

読み・書き・計算です。

具体的に、先取り学習とは、何をすればいいのでしょうか?
難しい事をする必要はありません。

するべきなのは、
「読み・書き・計算」です。

 

読みは…?

まず読み書きについて。

まずは子供自身のフルネームの読み書きができるといいですね。

それができたら、お父さん、お母さん、兄弟、姉妹のフルネームを
覚えていく。

好きなアニメのキャラクター(アンパンマンなど)を、
習わせるのも良いと思います。

 

絵本もおすすめです。

また同時に、ひらがなで書かれた絵本を読むこともおすすめです。

子供の記憶力は、9歳ごろまでは、とてもいいものです。

読んでいくと、発音と字の形、セットで
どんどん暗記していきます。

 

そして好き嫌いが出てきます。

 

好きな絵本は、何度も読み聞かせしてほしいと、
言われる事もあるでしょう。

 

それかなりいいことだと思います。
好きな絵本を中心に、すぐに読み書きを覚えていくのです。

 

 

 

声を出しましょう。

また、絵本をしばらく読んであげたら、
次は子供に声に出して読ませてみましょう。

 

読めない文字も当然まだありますが、
少しでも読めたら褒めてあげてください。

 

数字をまず、覚えましょう。

次に計算ですが、
計算といっても、まずは0から10の数字を覚えることが大事です。

 

子供は一度教えると、
あとは感覚的に数字を暗記していきます。

 

その次に、「2+3=5」などの、
簡単な計算です。

すぐにできるような計算をゲーム感覚で教えてあげると、
強制しない限り子供はすぐに覚えていきます。

 

簡単なかけざんを教えてあげるのも、おすすめですね。

可愛い盛りですが…。

silver and blue click pen

 

また、5、6歳くらいの子どもは、
めちゃくちゃ可愛いと思います。

そこで精一杯遊ばせたい気持ちもよく分かりますし、
遊ばせるべきとも思います。

 

あえて勉強もすべきです。

しかし同時に、勉強も少しは、あえてすべきだと思います。

この時期は子供の面倒を完全に親が見れる、
唯一の時期です。

 

お母さんが頑張って楽しく勉強させたことは、
あとあと子供に大きくプラスに働いてくるはずです。

たくさんでなくても構いません。
一日の内の少しの時間を学習にぜひあててみてください。

 

今日は「子供の先取り学習」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年9月6日

 

参考・引用

『「勉強が得意な子」をつくるお母さんの戦略』,和田秀樹,2015

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です