【中学受験】探し物は、子供にさせましょう。【親は我慢】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、よくモノをなくすんだけど、
その時は私も探すのを手伝っている。。

という方はいませんか?

 

子供はよく物をなくしますし、
親もそれを探そうとしますが、

探し物を親が探すのは、教育上、あまりよくありません。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 探し物は、子供にさせるべき理由

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

探し物は、子供に任せましょう。

magnifying glass on white table

 

探し物は是非、子供に任せるのをおすすめします。

よく

「机に向かう勉強以外にも日常生活で、受験に役立つことがある」

と言われます。お手伝いなどがよく言われます。

そして、その中の一つが、
「探し物」なのです。

 

お母さん、探しがちです。

「子供が大事なプリントを塾でもらったはずなのに、子供がそれをなくしてしまった!」

そうして、子供はバッグをひっくり返して、ひたすらプリントを探す。
お母さんは、不満な顔をしながら、それを傍で見ている。

あるあるなシーンですね。

 

しかし、お母さんも我慢ならずに、
子供のバッグを漁り始めます。

 

これ実は、子供の成長を阻害しているのです。。

 

冷静に見守りましょう。

なぜか?

 

それは、勉強している時に使う、
「記憶をたどる力」が培われないのです。

この力は自力で頑張らせないと、つきません。

 

なのでお母さんは、
子供がものを探すのを見守るのをおすすめします。

 

探し物は脳を動かします。

物を探している子供の脳は、

  • 「ここにしまったから、ここかなぁ」
  • 「学校の机の引き出しに、入れたままか…?」
  • 「あそこ私、どうしたっけなぁ」

と、過去の自分の行動を思い出そうと、
フル回転しているのです。

 

これは、勉強している時も同じです。
勉強している時も、

  • 「この問題、どの公式を使うんだっけなぁ」

と、思い出しているのです。

 

「記憶をたどる力」は、探し物と勉強、共通しています。
なので、それをつけるためにも、探し物は子供にさせましょう。

 

 

勉強面での口出しも同じです。

 

探し物と同じように、勉強面でも、
親が子供に口出ししてしまうケースは多く、

それも注意した方がい良いと思います。

 

口出し、しがちです。

今は夏休みですが、
以前、中学受験の勉強に集中させてあげたいというお母さんが、

  • 読書感想文
  • 自由研究
  • 書き取りの宿題

まで、やってしまったケースがあります。

 

流石に↑は極端です。
しかし、あれこれ口出しする親御さん、多いと思います。

 

考えなくなります。

こういうケースですと、
そもそも子供が考える時間が無くなってしまうのです。

考える前に、答えを言ってしまうと、
子供が自分で考える癖をなくしてしまいます。

 

刺激を与える。

子供にまずは解かせ、行き詰まったら、

  • この式に注目してみたら?
  • とりあえず補助線引いてみたら?
  • 塾の講師に、なんて言われたの?

など、

答えや大きなヒントではなく、「刺激」を与えるべきです。

 

確かに時間はかかります。
しかし、子供の学力を上げるには、これが最も短時間と言えるのです。

 

自分で解決させましょう。

そう、勉強でも探し物でも、
自分でさせることは、教育上、大事なことです。

 

やらされるより、やる。
これをなるべく小さいころから意識させておきましょう。

 

今日は「探し物」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月24日

 

参考・引用

『中学受験の常識ウソ?ホント?親が勘違いしがちな49のこと』,西村則康,2015

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です