【中学受験】生活リズムを整えることは、受験の基本です【早寝早起き】【朝食】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、勉強はしているけれど、生活リズムがなってない…

という方はいませんか?

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 生活リズムを整えることは、受験の基本
  • 朝と夜のおすすめの過ごし方

 

という話をしています。

是非ご覧ください。

 

朝の生活リズム

green ceramic mug on wooden desk

 

学習を効率的に行うためにも、
子供の身体的な成長についても、

生活リズムを整えるのは、必須です。

まずは、朝の生活リズムから、見ていきます。

 

丁度良い習慣を。

朝はよく言われるように、早起きが基本です。

早起きといっても、

  • 朝5時に起床。
  • それから、1時間勉強。

という、
無理あるスケジュールをこなせと言っているわけではありません。

 

朝起きて、朝食をとり、着替える十分な時間をとっていれば、
それで大丈夫です。

 

もちろん、

朝にガッツリ勉強してから朝食を食べ、登校という生活リズムを作れるなら、
それがベストですが、そこまで無理しなくても大丈夫ですよ。

 

 

起床時間を決めましょう。

朝の生活リズムを考えるにあたって最初にやることは、
「起床時間」をきめること。です。

 

中々起きないという子は多くいますが、大人と比べても、
小学生は早く起きるのが得意なはずです。

小学生の体の回復力は凄いので、少し寝るだけで
元気一杯なのです。

 

起きれないのは、寝る時間が遅いからです。

 

適度な朝食を。

次に朝食です。

おかわりするほど食べる必要はありません。

適量食べれば、便意を催すので、
トイレに行ってから、学校に向かいましょう。

 

もし、朝食をとらないと、便意を催しません。
ダブルで健康に悪影響です。

朝は実は、排せつに適した時間なのです。

朝食が食べれないという子は、

  • まだ眠い(夜更かししていた)
  • 食欲が出ない(夜食べ過ぎた)

です。

夜の生活リズムを見直すことです。

 

夜の生活リズム

landscape photography of mountain

 

次に、夜の生活リズムについてです。

 

夜食はNGです。

まず気を付けたいのは「夜食」。

寝る前に夜食はなるべくとらないようにしておきましょう。

夜食は、本来の身体のリズムを崩します。
成長期である夜の時期に、食べ物を入れるのはよろしくありません。

しっかりとした身体を作っていきたいです。

 

 

早く寝ましょう。

そもそも成長ホルモンは、

  • 22時~2時

の間にでると言われています。

なので、早起きすれば、自然と22時くらいに眠くなるのです。

小学6年生以外の子は、まだ入試まで時間がありますよね。
そんな子に対して、夜遅くまで勉強させるのは、あんまりいいことが無いような気がします。

6年生で入試間近だとしても、
日が変わるまでには勉強を終わりにしたいですね。

そもそも夜遅くまでの勉強は脳の回転も遅く、
効率が悪いです。

 

入試は朝に行われます。

というのも、
入試は朝に行われます。

しかも朝の早い時間に、国語と算数といいう得点率が高い科目が行われがちです。

6年の冬になってから朝型に変えるのは、けっこうしんどいです。
せっかく勉強をたくさんしたのに、実力を出せないまま終わりかねません。

 

しかも、

試験日は、2月1日のみではなく、そこから数日連続で続きます。

その時期までには、絶対に朝型になっていただきたいです。

受験を通して、学力のみではなく、正しい生活リズムも手に入れましょう。

 

 

今日は「中学受験の生活リズム」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月20日

 

参考・引用

『塾では教えてくれない中学受験親の鉄則』,梅津貴陽,2016

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です