【中学受験】お手伝いをする子が、算数が得意になります。【理由も解説】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子は受験生だから、お手伝いとかさせないで、
勉強に集中させている。

という方はいませんか?

私は家庭教師をしている身として、
最近気づいたことがあります。

それは、お手伝いをする子、していた子は、
勉強、特に算数ができるということ。

今回は中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • お手伝いをしていた子が、算数が得意になる理由

について話します。

是非ご覧ください。

 

お手伝いと算数の共通点。

 

なぜ、お手伝いをする子が、
算数が得意になるのか。

それは、お手伝いと算数の共通点を考えることによって、分かりました。

 

「予測力」です。

それはずばり「予測力」です。

お手伝いの時は、

「もしここがこうなったら、こうなるよな…」
と頭を働かします。

算数でも

「この式がこうなったら、次、こうなるよな…」
と頭を働かします。

 

この共通点。

お手伝いの経験がある子は、勝手にこの「予測力」が上がり、
算数にも役立つという仕組みなのです。

予測力とは

予測力を、言語化します。

ズバリ予測力とは

  • 何が今、分かっているのか。
  • 目的に達成するために、何があるといいのか。

を考える力です。

 

例えば洗濯。

例えば洗濯。

洗濯機や服の種類によって違いはあると思いますが、
違う色のものを一緒くたに選択してしまうと、

白系の服に、濃い色のシャツの染料が、
ついてしまうことがあります。

そこでどうするか。

「このまま一緒に洗うと色が移るから、
あえて2つに分けて洗った方が、面倒が少なく終わらせられる」

予測して、お手伝いをするのです。

 

算数も同じです。

これは、算数も同じ。

「この図形問題、難しいけど、意外とここに一本補助線を引いたら、
答えにつながるんじゃないか」
と予測して解いていきます。

 

図形問題ではなく、単純な計算でも、

「この計算、難しいけど、分配法則を使ったら楽になるかな」
という例もあります。

 

手伝いは、学びの場です。

タップ, ブラック, 蛇口, キッチン, シンク, インテリア, デザイン, 近代的な, 水

 

よって、お手伝いは子供にとって学びの場になります。

親御さんがやった方が早いのはもちろんですが、
そうは言わず、少しは子供に任せてみるのもおすすめします。

 

特に、台所。

特に、「予測力」以外のことも、
台所では多く学べると思います。

 

例えば包丁です。

10歳程度になると、家庭科で包丁の切り方を覚えます。
包丁で野菜を切ると、野菜の断面図が見えます。

そういうところで、立体図形の感覚を養えます。

 

また、肉が焼ける時。

「タンパク質が燃えると固まる」
という事実を、体験でもって学べます。

 

また、それぞれ具材。

肉や野菜がどこ産なのかを知ることで、
社会の知識力アップにつながります。

 

わがままはNG

中学受験に熱心な方ほど

「お手伝いなんかいいから、とにかく自分の勉強、合格のためにがんばりなさい」

とおっしゃる方が多いです。

 

しかしそういった教育ですと、

「勉強さえやっていれば、何をやってもいい」

という、わがままな価値観を育むことにつながりがちです。

 

そんな事にならないためにも、
お手伝いは多少、させてあげるのをおすすめします。

 

今日は「お手伝いと算数」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年8月12日

 

参考・引用

『中学受験の常識ウソ?ホント?親が勘違いしがちな49のこと』,西村則康,2015

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です