【高校受験】愚痴は吐いても大丈夫。おすすめの「吐き方」3つを紹介します。

こんにちは。

高校受験をされる方で

受験のストレス溜まりすぎてやばい…どうやってメンタルを保てばいいの…?

とお困りの方はいませんか?

 

そんな心境の時は、言いたくないと思いつつ、
ついつい周りに愚痴を言ってしまいますよね。

 

本記事では受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

  • 受験生が吐き出す愚痴

 

について話します。

 

愚痴は吐いても、大丈夫

 

よく、

「愚痴は吐かない方がいい。愚痴ったところで何も変わらないし」

との声を聞きますが、

 

私は、「愚痴は吐いても、全く問題ない」だと思います。

 

自分が、潰れます。

辞書には
「愚痴:今さら言っても仕方がないことを言って嘆くこと」
と書いてありました。

 

確かに、愚痴を吐いても現状の成績は変わりません。

 

しかし、マイナスの感情を心にためていると、
いつかそれが一気に爆発して、自分が潰れます。

 

高校にも昔、そんな子がいました。
特にいじめがあったわけでもなく、いわゆる普通の高校生活を送っていても、
突然うつ病になってしまい、しばらくしてその後、学校を辞めてしまいました。。

目立たない小さなストレスが溜まりに溜まり、
最後には一気に爆発してしまいます。

 

そのストレスを、定期的に吐き出す必要があると思います。
それがやはり「愚痴」なのです。

 

もちろん、愚痴を言ったって成績が上がらないのは確かです。
何も解決しません。

 

とはいえ、心にため続けるのは危険があります。
今よりひどくならないためにも、愚痴はあっても良いと思います。

 

「吐く」には注意が必要です。

 

とはいえやはり、「愚痴を吐く」というのは、
言いすぎて周りを不快にさせてしまったりと、マイナス面が多いのも事実。

言わないで済むなら言わない方がいいものです。

 

そこで、愚痴のおすすめの「吐き方」を
3つ提案します。

 

  • 日記に書く
  • 言葉には出さない
  • 吐くときは一人

 

上記の3つです。

順番に解説していきますね。

 

①日記に書く

まずは日記に書くこと。

交換日記をしたことはありませんか?


現在の中高生は、そんな経験ない人が多いと思いますが、

私は、「誰にも見られない交換日記を一人で続ける」
のをおすすめします。

 

マイナスな想いをそこに書きなぐっていけば、
誰にも迷惑をかけずに、ストレスが解消できます。

 

また、書いていることで、自然と自分の悩みが頭の中でまとまり、
解決法を思いつくこともあります。

 

②言葉には、出さない。

次にこれ。「言葉には、出さない」こと。

 

良く言われることがあります。

 

口に+-と書いて、「吐く」と読む。
そこから「-」な言葉を言わなくなると、「叶う」となる。

 

ぶっちゃけこれはたまたま見つけたこじつけだと思っていますし、
語源には関係ありませんが、

 

確かに、愚痴は「声として」吐くと、書くよりも暗い気持ちになると思います。
ネガティブ発言をずっとしている人で、成果が出ている人はみたことありません。

 

たまには言っても良いと思いますが、
愚痴を「口癖」にはしない方が良いと思います。

 

 

③吐くときは、一人。

最後にこれ「吐くときは、一人」

正直言って、愚痴を言い続けている人は周りから嫌われます。

だって、愚痴ばっかり言っている友達が自分以外の人と話していない時、
他の人に「自分に対する愚痴」、つまり「陰口」を言われてそうじゃないですか。

あと、他人の愚痴を聞いてるのって、ちょっと辛いですよね。。

学校なら、普通に愚痴からいじめに発展することもあります。

 

なので、愚痴を吐くときは、一人がおすすめです。

 

受験生は、ずっとストレスを抱えて行かなけらばならないのは事実。
なので、上手くストレスマネジメントをして、乗り切っていきたいですね。

 

今日は「受験生の愚痴」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年7月16日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です