【中学受験】女の子で理系進学予定の方が、チェックするべきことを話します。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、女の子で、将来理系に進学したい、就職したと言っている。

という方はいませんか?

 

理系というと男子のイメージがあります。

子どもが女の子だと、理系教育の知識が自然と少なくなっている保護者の方も、
多いように思えます。

 

しかし、

女子の理系進学も、昔に比べると、増えてきました。

 

そこで本記事では、中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 女子の理系進学をするにあたり、気を付けること

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

色んな学校の、リサーチをしましょう。

clear flask tubes lot

 

理系教育については、
学校によってかなり差があります。

なので、色んな学校のリサーチを予めすることは、必須です。

 

進学率について。

例えばまずは、進学率について。

 

男子校の理系進学は、大抵の場合、50%前後と、大きいです。

一方、女子校となると話は別。
学校によっては理系への進学率が10%以下という学校もあり、
大きく差があります。

 

そんな中、吉祥女子(女子校)は、理系進学率が高い学校として有名です。
(2019年は50%以上も)。

 

吉祥女子より偏差値の高い「浦和明の星」でも40%ないくらいなので、
吉祥女
子の理系進学の多さが分かりますよね。

 

有名校は、理系進学に強いですが、
やはり「文・理共に勉強ができる」という理由があります。

 

中には「理系の方が潰しが利く」という理由だけで理学部に進み、
全く興味をもてないまま退学する例もあります。

 

理系進学に強い女子校は、

  • 授業カリキュラムを、女子が取り組みやすい順番(物理より生物を先にするなど)に変える。
  • 模型や実物に触れながら数学や化学を学ぶ。

 

などなど、
「女子が取り組みやすい理系指導」を行っています。

この点はまず、チェックです。

 

設備と先生が大事。

また、学校設備と先生も、理系教育のカギを握っています。

 

例えば「日本女子大附属」。

ここでは、約80%が、併設の日本女子大学に進みます。

ここは「家政学部/文学部/人間社会学部/理学部」と、文系のイメージが強いです。

しかし、

独立の校舎が、中高に「科学棟」としてあり、、
文・系関係なく、手厚い理科の指導が行われています。

 

中には、外部の医療系学部へ進学する方も多く、
意外と理科教育が日本トップクラスです。

 

また、例えば「広尾学園」

 

ここは共学化した当初、実験器具が乏しかったのです。

しかし、

「医進・サイエンスコース」の立役者の先生が、
予算が少ない中、何とか工夫して「光学顕微鏡」を買ったことを機に、
生徒の意識が変わりました。

 

「医進・サイエンスコース」で人気の「広尾学園」は、
共学化した当初は非常にお粗末な実験器具しかありませんでした。

 

女の子で理系進学の意志が強いご家庭は、
設備のクオリティや先生の授業を聞き、あらかじめのリサーチをしましょう。

 

先生ごとの教育熱心さの違いまでが分かってくると。
その学校の理系教育の本気度が分かります。

 

 

共学のデータは分かりにくい。

解析, 生化学, 生物学者, 生物学, バイオ テクノロジー, 化学, クリニック, 臨床, 機器, 実験

 

また、共学の学校の理系に進学したい方。

これは、理系進学のみに関わらず、
共学は、進学実績などに男女の違いが出てこず、分かりにくい場合があります。

 

明らかではない場合が多いです。

例えば、これまた難関校の、「市川」

2017年度の理系進学率は44%。
しかしこの44%の男女比率を、データから読み解くことはできません。

 

共学は、

  • 「○○大学合格」
  • 「理系進学率」

の中に、
何人女子(男子)が含まれているのか、
分からない場合が多いです。

 

さらに、生徒の女子の比率自体が少ない中学もあります。
男女の進学人数のみを見ても、性別の進学率は分かりません。

 

ここはホームページのみでは分からないので、
学校説明会などで、先生に直接聞くことをおすすめします。

 

今日は「女子の理系進学」について話しました。

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年7月10日

 

参考・引用

2018『中学受験大逆転の志望校選び 学校選びと過去問対策の必勝法55』安浪京子

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です