【中学受験】かけ算・割り算でも、「筆算」ではなく、「暗算」をさせましょう。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子は計算ミスが多くて、筆算しろって言っても直らない…

とお困りの方はいませんか?

 

よく「また計算ミスしてー。ちゃんと筆算をしていないからだよ」
という声を聞きますが、

 

本当に算数の成績を上げたいなら、

筆算ではなく、暗算の方がおすすめです。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • かけ算・割り算でも、筆算ではなく暗算を使った方が良い理由

 

について話します。

 

是非ご覧ください。

 

筆算ではなく、暗算で。

 

「筆算しろ、筆算しろ」
と受験業界では良く言われますが、

3桁×3桁などのような、あまりにも難しい計算ならともかく、
それ以外の計算では、

 

筆算をする習慣をつけてはいけません。
暗算がおすすめです。

 

賢い子供が育ちません。

ずっと筆算をやっていても、
賢い子どもが育ちません。

 

計算ミスをせまいせまいとあまりに神経質な子どもより、
多少のミスはしても、賢くてスケールの大きい子の方が、受験で上手くいく傾向にあります。

 

そう育ってほしいなら、ぜひ暗算をさせてください。

 

低学年のうちはまず、
たし算・ひき算の暗算のクセをつけておきます。

 

4年生以降は、
かけ算・わり算を最初は筆算をしながら、暗算でもできるようにします。

 

計算は、試行錯誤しません。

算数で良く言われるのはまず、
「たくさん書いて、試行錯誤をして取り組め」ということ。

 

なので、「計算は書かずに暗算でやるの??」
と思われる方も多いでしょう。

 

しかし、計算に限っては、
書かずに訓練するのがおすすめです。

 

計算は文章題や図形などと違って、
試行錯誤する類のものではないのです。

 

4×2は8に決まっています。
スピードが速いか遅いかという問題だけです。

 

 

暗算で、トレーニングします。

 

筆算よりも暗算の方が、
頭を回転させます。苦労をさせるトレーニングです。

 

これは、

将来、「数学」を考える頭を作るための、
初歩のトレーニングになります。

 

まずは頭の中で「筆算」を。

暗算をいきなりするのは難しい方は、
イメージとして、最初は筆算を頭の中で行ってください。

 

これをやっていくと、計算の工夫を色々と発見して、
また、よく出てくる計算を暗記して、暗算を身につけます。

 

とはいえ、暗算をする目的は賢くなることですから、
工夫して楽をする必要はありません。

工夫は、小6頃から始めれば十分です。

 

小4から小6。この時期の過ごし方で、
数学の才能が決まる、と言っても過言ではありません。

 

なのでなるべく、
頭の中だけで考え、組み立て、処理していく力をつけていきましょう。

 

かけ算・ わり算の暗算は、その最初の一歩です。

 

 

スピードと、計算ミス。

 

暗算の方が、筆算より、基本的にはスピードが速く身に付きます。

そこで言われるのは「スピードが上がると、計算ミスが増えるんじゃないか?!」
という疑問です。

 

確かにそうですが…。

確かに、スピードが上がると、計算ミスが増える傾向にありますが、
それでも、スピードを上げるのをおすすめします。

 

しかし、
そういう子どもの計算スピードを速 くするのは難しいです。

 

  • 確実に
  • ゆっくり丁寧に
  • ミスしないように

 

が身についてしまっている子は、
計算スピードを速くするのは難しいです。

 

そして、中学受験や大学受験では、
そのスピードのなさが命取りになります。

逆に、計算が速い子どもの計算ミスは直せます。

 

親としてはついつい、スピードよりもミスのほうが目につくでしょう。
とはいえ、幼少期に育てるべきは、スピードです。

まずはスピード。それから、ミスを減らしていきましょう。

 

理系の人は、処理が速いです。

よく理系の人は、
ひらめきのセンスがあると言われますよね。

実は、彼らはひらめていているというより、
頭の中の処理スピードが速いだけなのです。

その処理スピードを上げるには、
トレーニングが必要です。

 

なので小学生のこの時期に、
しっかりと暗算の練習をしておきましょう。

 

 

ぜひ参考にしてください!

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年6月12日

参考・引用
2016『中学受験で成功する子が10歳までに身につけていること』村上綾一

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です