【中学受験】成績が上がる人と上がらない人の決定的な違いは、「OKライン」の高さです。

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

結局のところ、成績が上がる人とそうでない人の違いって何?

という方はいませんか?

これに関しては、

  • 努力
  • 才能

などなど、
色々意見はありますよね。

では結局のところ、
決定的な違いはどこにあるのでしょう。

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

  • 成績が上がる人と、そうでない人の、決定的な違い

について話します。

是非ご覧ください。

OKラインの高さです。

white and blue wall paint

成績が上がる人とそうでない人の決定的な違い。

それは…

  • OKラインの高さ

です。

OKラインの高さって?

OKラインの高さとは、何でしょう?

それは、

「自分の頑張りにOKを出せるライン」

のことです。

OKラインの高低は…

OKラインが低い人は、
こんな感じです。

よしっ!今日は5時間勉強できたから、ぎりぎりOK!!

一方、
OKラインが高い人は、こんな感じです。

やばい!今日は5時間しか勉強できなかった…
明日は頑張らないと…

 

OKラインが高い人は…

OKラインが高い人は、

周りから見ると、「すごい」ことなのに、

その人からすると「普通」なことをしているのです。

 

自分に求めるレベルが、高いのです。

 

極端に言うと、

 

  • 朝5時に起きてそこからぶっ続けで8時間やるのが普通。
  • 学校から帰ってきて、寝るまでずっと勉強するのが普通。

こうなってきます。

こうしていることが、当たり前なのです。

 

何で高いの?

 

OKラインが高い人は、
なぜ高いのか…

実際に

「どうしてそんなに基準値が高いの?」

と聞いたことはありますが、

 

大抵きょとんとした顔で、

 

  • 「いや、だってこれが普通だから…」
  • 「不合格が嫌だから、やってるだけ…」

という風に答えられるのです。

 

彼らからしたらおそらく
頑張っているつもりがないのでしょう。

 

  • 目標を達成したい。
  • なので、勉強。
  • 勉強が別に嫌なことではない。

こういう感じ。

 

OKラインを高くするには…?

 

では、

OKラインを高くするには、
どうすればいいのでしょうか?

 

  • 徐々に上げる。OKラインが高い人を意識したり、高い価値観を徐々に取り入れて行動する。

これが答えです。

 

少しずつで、大丈夫です。

 

もし、OKラインが低いなら、
徐々に上げていくのが、おすすめです。

ですが、その価値基準が低すぎると効果はないので、

 

できるだけ、意識の高い人や、OKラインの高めな人と、

価値観やエネルギーを共有することをお勧めします。

 

人間は環境の生き物です。

長くそこにいた分だけ、今いる状態が心地よく感じるものなので、

できるだけ、基準値は高めに設定するのが前提ですが、

できている人だけを基準値にすると、

 

急に勉強量が増え、こなすのが難しくて、
自信がなくなります。

 

なので、過去の自分と比べ、

どれだけ成長できたかを指標にすると

成長できたかもわかるし、自信にもつながりやすいので、

一日でも成長できたと実感できるような、学習を日々積み上げることをお勧めします。

是非参考にしてください。

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月10日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です