【中学受験】働くお母さんの、受験におけるメリットを話します。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

働きながら子供の中学受験を応援するのってどうなの…?

 

と疑問を持たれている方はいませんか?

 

お母さんが働いていると受験に不利…。

 

「親子の受験」と言われる中学受験では、
こういうことが、良く言われてきました。

 

しかし私は、
働くお母さんにも、
中学受験におけるメリットは充分にあると思います。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 働くお母さんの中学受験におけるメリット

 

について話します。

 

是非ご覧ください。

 

仕事スキルが中学受験に活きます。

 

働くお母さんの受験におけるメリット。

それは

 

  • 仕事スキルが受験に活きる。

 

これに尽きると思います。

 

仕事で色々、経験します。

例えば。

フルタイム、パートタイムに関わらず仕事をしていると、
目の前にくる様々な仕事が山積みされ、

 

必然的に

  • 何が大事か
  • 何を後回しするべきか。
  • 今日は何をやり、明日は何をやるか。

 

について考えています。

 

また、

お客さんや取引先を相手にしたときは、
思い通りにいかないころもあるので、

  • 仕事のマネジメント。
  • 相手をどう動かすか

 

について、考えています。

 

これらの経験が、
そのまま中学受験の親子関係に役立ってきます。

 

 

中学受験に、活きてきます。

働いているからこそ、

 

  • 子供の塾の講習などの、優先順位をつけられる。
  • 勉強のやる気がない子供にやる気を出させる。

 

などなど、
仕事で培った能力を活かせるのです。

 

 

もし、仕事をしていなかったら…

もし、
仕事をされていないお母さん方でしたら、

 

  • 無理やり何でもやらせようとする。
  • 上手くいかないと腹を立て、叱る。

 

などなど、
こういう親子関係になってしまいがちです。

 

 

 

受験オンリーに、なりません。

 

他にも働くお母さんのメリットがあります。

それは

 

  • 受験オンリーに、ならないこと。

 

です。

 

どっしり構えるべきです。

そもそも、
親御さんというのは、どっしり構えるべきです。

 

少子化とは裏腹に、
中学受験をする人は、増えています。

そんな中、情報があふれ、
合同説明会や、模試も増え…

仕事があると、
情報を得る機会に足を運べないケースもあります。

 

しかし、

 

  • 出題傾向
  • 配点
  • 採点基準

 

などなど、
細かなことに心を奪われる必要はありません。

 

しっかりした学力をつけるためには、
どっしり構えるべきです。

 

受験だけに、向きません。

仕事をされていたら、
受験だけに心が奪われることはなく、

 

子供にとっては、精神的に良かったりします。

 

専業主婦の方だと、

 

  • ママ友の情報に振り回される。
  • ネットやSNSの言葉に惑わされる。

 

などなど、
「本筋」以外の部分でも右往左往し、
子供にも影響を与えることもよくあります。

 

 

「一歩引いて俯瞰で眺める」

これ位の冷静さを持っている方が、
熱くなりすぎるより、上手くいくことがあるのです。

 

負担もありますが…

もちろん、負担も多いです。

  • プリント整理
  • お弁当作り
  • 送り迎え

などなど、
専業主婦のお母さん以上に大変です。

 

小学6年生の冬場にもなると、

  • 予防接種
  • 写真撮影
  • 願書記入

 

などなど、
事務的なことが山積みし、
時間のやりくりに苦労すると思います。

 

とはいえこれは、
覚悟があれば大丈夫。

 

お母さんが自分の武器をいかに上手に使うかに、
かかってきます。

 

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月9日

 

参考・引用

安田理『中学受験 ママへの個別指導』2008

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です