【高校受験】何をするべき?コロナ休校中は、「英語」を勉強しよう!

 

こんにちは。

高校受験をされる方で、

コロナウイルスの休校中、勉強したいけれど、
何を勉強すればいいか分からない。。

とお困りの方はいませんか?

 

授業がないと、宿題も出されないので、
やる気があるにせよ何だか空回りしてしまいますね。

 

そこで本記事では
受験業界に10年以上携わってきたプロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • コロナウイルスの休校中、勉強するべき教科
  • 勉強しても効果が薄い教科

 

について、話します。

是非ご覧ください。

 

勉強するべきは、英語です。

book pages

 

コロナウイルス休校中、
中学生が勉強するべき教科は

 

  • 英語

 

です。

理由はこの2つ。

 

なぜか?

英語が一番勉強するべき理由は、

 

  • 先取り学習ができるから。
  • 普通に最重要。

 

です。

 

①テスト以外にも、基準があります。

先取り学習がしやすい理由は、
英語のテストの種類の多さがあります。

英語は、
塾や学校のテスト以外に、

 

  • 英検
  • TOEIC
  • TOFEL

 

などなど、
英語の評価を計る基準があるのです。

 

それに合わせて問題集や単語帳があるので、
勉強しやすいのです。

 

 

②普通に最重要。

次にこれ。

コロナウイルスがあろうとなかろうと、
英語が現段階の受験業界で、最も重要な教科です。

 

  • 配点が高い。
  • 英語の資格を持っていると、受験に有利。
  • 最も仕上げるのに時間がかかる。
  • いつまでも逃れられない。

 

理由はこの4つです。

 

配点が高いし、英検持っていると、加点してくれるし、
勉強し始めてから結果が出るまで期間がありますし、

大学受験で英語を選択しないことはほぼ不可能だし、
大学でも社会人でも、バイトや仕事で英語が必要な時はしょっちゅうです。

 

普通に、最重要です。

 

勉強するべきはこの3つ。

英語で勉強するべきはこの3つ。
シンプルです。

 

  1. 単語
  2. 文法
  3. 長文

 

取り組みやすく重要なのはこの3つです。

 

単語と長文は、
英検用がおすすめです。

中学卒業までに、
3級は取っておきたいですね。
できれば2級まで行きたい!

文法は、学校や塾の教科書でOKです。

 

 

 

 

 

 

勉強しても効果が薄い教科

 

勉強しても効果が薄い教科は、

 

  • 英語以外

 

です(笑)。

 

他教科は、授業がないと難しい。

まず、
国語と数学は、授業がないと難しいです。

 

国語は先生の解説を聞いて、
論理的に解くイメージを持てないと、根本的な国語力は難しいです。

 

できるのは、
「読書」のクセをつけることくらいですよね。

 

 

数学は教科書だけなぞっても、
多分得意な人じゃないと何が何だかわかりません。

 

 

理科社会も、効率悪い。

他にも理科社会。

 

この2つはぶっちゃけ、
教科書だけを見て理解はできますが、
授業がないと記憶の定着が難しいです。

 

授業で紹介される「ライブ感」
が、特に社会の歴史には大事ですし、

 

授業で紹介される動画や画像も、
意外と理解には大事になっています。

 

英語中心で、頑張るのをおすすめです。

 

 

是非参考にしてください。

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年4月7日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です