【中学受験】地頭を良くす方法は、「アクション」を前提に勉強することです。

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で

うちの子、受験をするけど、正直地頭が悪いんじゃないか…

と、お悩みの方はいませんか?

 

「地頭」がいいか悪いかというのは、受験関係者なら一度は考えたことがあると思います。
しかし、「地頭」っていったい何なのか、はっきりとはわかりませんよね。。

 

そこで本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が

 

  • 地頭って何?
  • 地頭を良くする方法。

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

地頭って何?

 

地頭とは何でしょう。

「勉強の才能?」

「IQ?」

などなど、色々な意見があると思いますが、
私は、皆が言っている地頭というのは、

 

  • インプット力

 

だと思いました。

 

インプット力の違いです。

インプット力とは、
どういう力でしょう。

 

  • 自分より短時間で、テストの要点を覚えられる。
  • 自分と同じ授業を受けているのに、あの子だけ問題が解ける。

 

などなど、

短時間のインプットで最大限の効果が出せる力

です。

 

地頭がいい人はインプットの力が高いのです。

 

そして、
ここで覚えておいてほしいのは、

  • 頭の回転の速さ。
  • 記述力。

など、アウトプットが論点ではないということです。

 

 

 

アウトプットは、インプットにかかっています。

そもそも…

アウトプットは、
インプットの量によって決まります。

アウトプットだけでやっていても、
勉強にはなりません。

 

教科書には全く目を通さず
いきなり問題集を見ても、全く分からず勉強にならないのと同じです。

 

教科書で分野の基本的なことを学ぶ(インプット)のが、
問題を解く(アウトプット)につながるのです。

 

よって、

 

  • インプット=地頭によって、アウトプットが決まります。

 

なので、
インプットの違いが地頭の違いの判断軸になっているのです。

 

 

地頭を良くするには?

 

では、
地頭=インプット力を良くするにはどうすればいいのでしょうか。

 

  • アクションを前提に学習する。

 

ことです。

 

どういうこと?

 

アクションを前提に考えるとは、
どういうことでしょうか?

 

例えば、インプット力=地頭が高い人は、
授業の受け方から違います。

 

例えば算数の授業。

 

普通の人はこうです。
「あーここはこうなってるんだな。大事そうだからノート取ろう」

 

しかし、地頭=インプット力がある人は…
「この公式は、こういう場面でこう使うのか…。こういうパターンにも使えそうだな…」

 

と、

問題を解くときまでイメージして、
インプットをしています。

 

例えば最近のコロナウイルスのニュースでも、

 

「あーコロナってやばそうだな…」
と学ぶ人もいれば、

「自分がアナウンサーだったら、人にどう説明できるか。」
レベルの意識で学んでいます。

 

 

意識的に、やっていこう。

地頭がいい人は、
このアクションを前提として勉強を、
無意識的に行っています。

 

なので、地頭が悪い生徒は、
これを意識的に行えばいいだけ。

 

「地頭悪くて嫌だな…」

で落ち込むのは早くて、
後天的に地頭を良くすればいい。

こんな考えを持つのがおすすめです。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年3月30日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です