【受験】コロナ休校中の勉強目標が、達成できそうにない人へ。

 

 

こんにちは。

受験生の方々の中で、

コロナ休校中の勉強目標を立てたが、達成しそうにない…

とお困りの方はいませんか?

 

3月もそろそろ終わり、
コロナ休校、春休みも終わり、学校が始まりそうです。

 

しかし、
休校中に立てた勉強目標は、
達成できている人、少ないのではないでしょうか?

 

本記事では受験業界に10年以上携わってきた
プロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • コロナ休校の勉強計画が達成しそうにない人へのメッセージ

 

を話します。

是非ご覧ください。

 

決めた目標は、変えてはいけません。

 

どんなに今までサボってしまっても、
どんなに効率が悪い勉強法でも、

 

  • コロナ休校中に立てた目標は、下げてはいけません。

 

今日の結論は、これです。

 

計画を立てて、失敗しかけています。

おそらく、ほとんどの人は、

  • 国語の長文を1日1文、コツコツ解く。
  • 英語の単語、1日50個覚える。
  • 毎日3時間は勉強する。

 

などなど、


何かしらの勉強目標を、
休校期間が始まると同時に立てたのではないでしょうか?

 

しかしおそらく、

計画を立てた9割以上の方が、
計画通りに進んでいないと思います。

 

2パターンに分かれます。

そして2パターンに分かれます。

 

  • ちょっとだけ目標を下げてみる。
  • 目標を変えず、勉強する。

 

私は、前者ではなく後者をおすすめします。

 

 

目標を下げてはいけない理由。

 

ではなぜ、
コロナ休校中の目標を下げるのはダメなのでしょうか?

 

そもそも「目標」というのは

 

  • 「そのままでは達成できなかった成果を、最大限にするためのもの」

 

だからです。

 

例えば…

これだけでは分かりにくいので、
例を挙げて説明しますね。

 

例えば、


テストで今まで70点しか取れなかった子が、
目標を、90点に定めたとしましょう。

そして実際には、90点にはいかなかったけれど、
80点は取れた…

 

目標には到達できませんでしたが、
10点もアップすることができました。

 

しかしもし、

 

  • 目標を80点にしていたら、80点も取れたでしょうか…?

 

 

取れている可能性は、
低いですよね。。

 

90点を本気で目指していたからこそ、
80点まで点数を上げることができたのではないでしょうか。

 

正直どっちでもいい。

極端に言えば、

目標って、達成してもしなくてもどっちでもよくて、
自分の成果を最大限に引き上げるもの

です。

 

目標下げたら、成果が下がります。

つまり、もし今ここで

休校中の目標を下げたら、
おそらく成果も小さくなります。

 

 

どうやったら、達成できる?

 

ということで、
今、目標を達成できそうにない人がやるべきこと、
それは、

 

  • 目標を下げずに、
    どうやってここから目標を達成するか。

 

を冷静に考えることです。

 

具体的に、踏ん張りましょう。

 

  • 計算を毎日5問解いたあと、英語の長文を1個取り組む。
    そうしていけば丁度始業式の前日に英語のテキストが終われる。
  • 毎日3時間勉強する。
    そうすれば総勉強時間が3月中に100時間達成できる。
  • 国語の長文を毎日やれば、あの学校の過去問を一通り解き終われる。

 

などなど、

残り○日で、○○までやれば目標を達成できる!

と、具体的に、踏ん張りましょう。

 

「目標から逃げない!」

 

この決意を持てば、
志望校を簡単には下げず、直前までに成績を上がるマインドを持つことができます。

 

 

 

 

 

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年3月28日

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です