【中学受験】国語の読解スピードを上げる方法を、話します。【速読では、上がりません】

 

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、

国語の読解スピードが遅くて不安…

とお困りの方はいませんか?

本記事ではプロ家庭教師Edenの居村が、

 

  • 国語の読解スピードを上げる方法

 

について話します。

是非ご覧ください。

 

国語は、時間との戦いです。

selective focus photo of brown and blue hourglass on stones

 

中学入試の国語は、
「長文との戦い」

 

つまり、

  • 「時間との戦い」

 

です。

 

求められる読み方があります。

文の美しさを味わう読み方ではなく、

 

  • 設問の意味を正確に把握し
  • 文章の要点を理解し、
  • 正解を導き出す。

 

こういう読み方が求められますよね。

 

受験のためにこういう読み方をしても、
教養や、クリエイティビティが枯渇した生徒は一人も見た事がないので、
ご安心ください♫

 

読み取るスピードを上げましょう。

なので、

 

  • 読み取るスピードを上げる。

 

これが必須です。

 

 

速読では、NGです。

こういう話をすると、

「速読教室」のパンフレットをとり寄せるご家庭があるのですが、
私はおすすめしません。

 

なぜなの。

「速読のおかげ早く読めるようになれた」

生徒がいるのですが、

「速読のおかげで国語の成績が上がった」

と言う子供はみたことないのです。

 

速読を意識するあまり、
正確性を書く読解を身に着けてしまう子が、ほとんどだからです。

 

 

じゃあ、どうすればいい?

 

では、
読解スピードをあげるには、どうすればいいのでしょうか?

 

  1. 長い文を読むのが苦手な子
  2. すらすら読んでいるように見える子

 

この2つに分けて解説します。

 

①長い文を読むのが苦手な子

長い文を読むのが苦手な子。

 

この場合は
語彙力がないケースも多いです。


文章を読む前に、
難しそ
うな言葉の横に意味を書いてあげるのがおすすめです。

 

というのは、

分からない言葉をいちいち辞書で調べていくと、
単語の意味は理解しても、そこに意識するあまり、
文全体で何を言っているか分からなくなるからです。

 

難しい言葉の隣に意味を書いておくだけで、
読み進めるテンポがかなり上がります。

 

まずは、
そのスピードに慣れさせてしまいましょう。

 

 

 

②すらすら読んでいるように見える子。

すらすら読んでいる子は、

知らない子供があっても、
「わからない」と立ち止まらず、スルーする場合が多いです。

 

子どもの頭の中で、

「分からないもの」が「なかったこと」
になってしまうのです。

 

読み終わってから
「この言葉の意味はわかった?」
と聞いてみると、

「あれ、そんな言葉あったっけ?」
ということがよくあります。

 

とぼけているわけではなく、無意識にスルーしていて本当に見えていないのです。

 

とはいえ、
読解中に「この意味わかる?」といちいち聞くのも無理ですよね。。

 

そこでおすすめなのは、
本人が読み飛ばしそうな言葉に印をつける方法です。

 

  • 蛍光ペンで色を付ける。
  • 四角で囲う。
  • 線を引く。

 

こういうことを予めしておき、
読解中にその言葉が自然と目に飛び込むようにするのです。


 

 

スピードを上げるための、3つのテクニック。

 

他にも、
読解スピードを上げるための、
3つのテクニックを紹介します。

 

  1. 早口で読み聞かせ。
  2. 早口音読。
  3. 一瞬で5文字を読む。

 

この3つです。

是非ご覧ください。

 

①早口で読み聞かせ。

まず、
「早口での読み聞かせ」です。

 

子供に、できる限りの早口で読み聞かせをさせます。

文章はなんでもいいです。
過去問でも、新聞でもです。

小説よりは、論説文の方が良いと思います。

 

②早口音読。

次に、
「早口音読の練習」です。

 

1日3、4分、早口で音読させます。

 

ただし、
速くても意味が分からないのは意味がありません。
ギリギリ意味も分かる程度で、早口音読をするのです。

 

③一瞬で5文字を読む。

最後に
「一瞬で5文字を読む」です。

 

1文字ずつ追いかける読み方はせず、

ひと目で言葉のかたまりを拾い上げるように読んでいきます。

 

 

たとえば、
「明日僕は兄とバスで映画館に行くんだ」
という文であれ
ば、

最初は「明日」「僕は」「兄と」「映画館に」と、
2~4文字程度のまとまりとして意識して読ませ、
だんだんひと目で読みとる文字数を増やします。

少しずつやっていくと、
「一瞬で5文字」ができてきます。

続けていくと、
一瞬で何十文字と理解できます。

 

是非参考にしてください♫

 

今日の記事を終わります。

記事公開日・最終更新日 2020年3月27日

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です