【中学受験】一日の終わりに、親は子供の勉強をチェックしましょう。【すきま時間で、できます】

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方は、
子供の勉強に、どれくらい時間を割いてらっしゃいますか?

忙しくて全く時間を割いてない方もいるかもしれません。
しかし、毎日少しでいいので、目をかけてあげることをおすすめします。

そこで、本日のテーマは、
「親のチェックが中学受験の勝負を決める」
です。

中学受験業界に10年以上携わってきたプロ家庭教師Edenの居村が、
話します。

親のチェックが勝負を決めます。

person writing bucket list on book

つきっきりで子供の勉強を見ましょうとはいいませんが、

ぜひ、

その日に勉強したことは親子で再度チェックをする

ことは、していただきたいです。

メリットは2つあります。

このことのメリットは2つあります。

  • 子供の学習状態を、把握できる。
    →子供の勉強を見ていないと、自分が思っている子供の現状と実際の現状が違っていることが多くあります。
  • 学習内容の定着をはかる。
    →毎日復習をすることで、忘れにくくなる。子供は親がいないと、復習しません。

です。

もちろん、お母さんでなく、お父さんがやっても構いません。

方法は簡単です。

方法は簡単です。

進学塾へ行っているお子さんがいる親御さんは、
ぜひやってみてください。

  1. まず、その日に塾の授業で、子供が書いてきたノートを親が確認します。
  2. その中から、重要なところを抜き出して、メモ用紙にメモします。
  3. その日の授業が国語なら、出てきた漢字を3題程度でいいですし、
    計算なら塾でやった計算問題を1,2題、やってもらう。

これだけです。

これは、
ちょっとした「すきま時間」でもできるので、
仕事で忙しい方にも、おすすめです。

LINEも使ってます。

ちなみにEdenでは、

子どもがその復習を習慣化するために、
また、子供に「わかった!」「できた!」という経験をしてもらうために、、

入塾したばかりのお子さんや、苦手な部分を学習しているお子さんについては、
親御さんにお願いしてチェックしていただいた結果を、
LINEのサービスを用いて送っていただいています。

勉強は、自分一人でするもの?!

person standing near body of water

親がチェックをしましょうという話をしましたが、

「子どものノートを見て、チェックをする?!
とんでもない。そこまで親がすることないでしょう。勉強は自分のためにするものじゃない??」

そんな親の声も、あると思います。

確かに自分ですることです。

おっしゃるとおり、
勉強とは、自分一人でするものです。

考えたり、工夫したりは、自分のなかにわきあがったやる気から、
自然になされるべきことです。

勝つことも、大切です。

しかし、私は、
中学受験という道を決断されたからには、
子供に勝たせて、自信をつけさせることが大切だと思っています。

そのためには、やはり、
策を練る必要がある、

と思っています。

塾だけじゃ、なんとかならない。

集団塾の中で、

「塾に通っているだけで合格した!  家庭ではほとんど何もしていません」、

そんな例は、たとえ大手進学塾で、たくさんのお金を払っていても、
まったくないでしょう。

とはいえ、

中学受験を始めた大半の子が、塾に行って勉強しているだけで、
なんとかなると思っています。

しかし「なんとかならない」のが、現実です。
これは、塾に通って半年くらいで分かる事でしょう。

全落ちは、辛いものです。

私がこの仕事を始めたころは、親の認識の甘さから、

中学受験はしたけれど、全部落ちちゃった」

という子どもたちを見てきました。


どんなに強気のお母さんでも、わが子の可能性を信じているお母さんでも、

「あなたはわが校では受け入れられません」
と通達されるのは、つらいものです。

子供も自信を失ってしまいがちです。

やるからにはなるべく成功したい。
親のつきっきりもおすすめしませんが、一日の内の数分、子供の勉強に目をかけてあげることをおすすめします。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。


記事公開日 2020年1月13日

最終更新日 2020年2月11日

参考・引用
吉本笑子『ママのタイプ別 わが子の中学受験成功術』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です