【中学受験】朝型?夜型? 子供の「ベストな勉強時間」を見つけましょう.

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方は、

お子様が一番勉強できる時間帯
を把握しておりますでしょうか?

本記事では、中学受験業界に10年以上携わってきたプロ家庭教師Edenの居村が、
子供の学習スタイルについて話します。

お子様が集中できる時間帯を見つけましょう。

silver bell alarm clock

お子様はいつの時間、一番集中できるのか?
その子は朝型か、夜型か。

朝に勉強する方が良い。

その意見がもちろん多いですが、
子供によって、ベストな時間帯は違います。

普段から、お子様の勉強の姿勢を見て、
ベストな時間帯はいつか?

ということを、探っていきましょう。


「短時間で集中できる」ことがポイントです。

睡眠時間を観察しましょう。

お子様のベストな勉強時間を探すには、
睡眠時間を観察するのが手っ取り早いです。

何時に寝たか、起きたかを調べます。


寝起きのようすから、就寝と起床時間が子どもに合っていると感じたら、
それを繰り返し体験させます。

1週間ほどようすを見れば、
お子さんがどのくらいの睡眠スタイルだったら、
快適さを感じることができるのかをつかんでいきます。

朝型の場合

日の出, 朝の霧, Morgenrot, 風景, 気分, 光, 木, 霧, ヘイズ, 新しい始まり, 自然

ではまず、子供が朝型の場合、
どういう勉強プランを日ごろから練っていけばよいのでしょうか?

まず、朝食までの5~20分を活用しましょう。

最も脳が働く時間帯に、勉強のやる気が起きるのなら、
ぜひその時間に勉強すべきです。

こういう子は、朝食までの短い時間で、
学校から帰ってきた、夕方より、はるかに成果を上げられる子が多いです。

夜型の場合

mountain near body of water

次に、夜型の場合、
どういう勉強プランを練っていけばいいのでしょうか?

こういう子は、
やりたいことをやってから勉強するタイプです。


勉強を始めやすいように、やらなければいけない課題より、
少し少なめの分量に、課題を設定しましょう。

集中に入れば、
設定より、短い時間で解けたことを体験させることができるのです。

夜更かしはNG

とはいえ、夜更かしはNGです。


そして、子どもには
「どうして夜ふかしをしてはいけないのか」を、
納得できるよう説明しておきましょう。

もしも、
約束の時間になっても宿題が残っている場合、
子どもが泣こうがわめこうが、学習を中断させ寝かせても良いと思います。

やりたいときにやるタイプ

white desk lamp beside green plant

最後に、
やりたいときが、いちばんというタイプです。

言い換えると、朝も、夜もダメという子。。(笑)

こういう子は、
毎日同じリズムでできる、
体にマッチした学習リズムを頑張って見つけるほかないです。

この時のヒントです。
それは、空いた時間をできるだけ上手に利用すること。

  • 朝ごはんを食べてから学校行くまでの間
  • 学校から帰っておやつまでの時間
  • 夜ご飯からお風呂に入るまでの時間

などなど。

しなければいけないことの前の時間は、
集中力
が、グンと上がることがよくあります。

たとえ、学習時間は短くても、子供の目で分かります。
目が「集中している」ようなら、その方法は成功といえます。
効果も期待できるでしょう。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年12月17日

参考図書
渋田隆之『中学受験 合格できる子の習慣 できない子の習慣』2013

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です