【中学受験】入試直前でも、塾や学校には行かせましょう【理由は2つあります】

こんにちは。

中学受験をされる保護者の方で、

受験直前だから、塾ではなく、家庭で学習させた方がいいのではないか?

と思われる方はいませんか?

しかしその考えは、試験直前に子供の成績を下げる要因になりえます。。

本記事では中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師のEdenが、その理由について話します。

直前でも、塾は行きましょう。

man walking beside van near concrete house

入試が直前に迫ると、
家庭で弱点単元をしっかり復習するので、
もう塾は行きませんといわれるご家庭があります。

弱点単元が1~2単元と少なく、
学習計画がきちん とできている場合は、
効果が高いこともあるでしょう。

ただしこれ、
基本的には、止めた方がいいでしょう。

特に、子どもが嫌がっている場合や、
家庭だけで長期の対策を組む場合などは、
よい結果になることはあまりありません。

【理由①】周りの刺激を、受けるからです。

一つ目の理由はカンタンです。


子どもというのは、
「まわりの刺激を受けるから頑張れる」
という要素があるからです。

大人の方でも、そういうこと、ありますよね。

【理由②】プレッシャーを抱えないため。

また、
家族だけになると、
どうしても親子ゲンカがたえなくなりがちです。

家庭内だと、
ストレスの行き場がない、ということもあると思います。

特にこの季節にもなってくると、
「受験生の親として、こうでなければ!」
というプレッシャーを余計に感じてしまい。
わけもわからなくなってしまうことも。。

なので、ずっと家で勉強させるのは、子供の精神上、よろしくないのです。。

そもそも、欠席はしない方が良いです。

person walking on gray concrete pavement

というより、
試験直前でも、そうでない時も関わらず、

塾や学校は、休まない方が良いです。

塾の遅刻や欠席がほとんどないというのは、
成績がいい子の共通点です。

この傾向は、
小学校だけでなく中学・高校でも当てはまります。

さらに、
難関校に合格した生徒の中は、
無遅刻・無欠席というのが少なくありません。

皆さんが学生の頃も、わりかしこうではありませんでした?

理由は2つあります。

なぜ、学校にしっかり行っている子の方が、
成績がいいケースが多いか、

その理由は2つあります。

  1. 集団心理を自然に利用している。
  2. コミュニケーションから、元気をもらっている。

です。

これだけだと分かりにくいので
例を挙げて説明します。

まず1からです♪

富士山の例を挙げて話します。

富士山の例

なぜ、
富士山に多くの人が登れるのか。
その理由に、
「みんなが登っているから」というのがあげられます。

人気シーズンの時の頂上付近は
大渋滞になることも。

日本最高峰の山ですから、とてもきついのです。
しかし、自分も行けそうな気になるのです。
なぜか? お年寄りや子供も登っているからです。

いわゆる集団心理というものです。

進学校で、周囲のペースに合わせて勉強していけば、
自然に力がつくとい
うのと同じパターンです。

学校にしっかり毎日行って、成績がいい人は、
周囲が頑張っているから自分も追いつこうという意思が、
自然と強まっているのでしょう。

そもそも人は、コミュニケーションを求めます。

今度は、二つ目の理由の解説です。


そもそも人間は
本能的にコミュニケーションを求める
といわれます。

そもそも人間は、コミュニケーションを取ることによって、
狩りや漁、そして農耕ができるようになって、生きのびてきた動物です。

授業中に自分が正解し、先生からほめられる、
まわりから「すごい!」というようにほめられる、拍手される、
あるいは、その雰囲気を感じるだけでもいいと思います。


子供が大きく大きく成長していくときは、こういう時なのです。

塾に行って、目標を持つ友だちと勉強し、
たわいもない話でも構いません、友だちや講師陣と話したりすることは、とても大切です。

塾に来ることで、実は学力がつく以外にも、
元気ももらっているのです。

結論です。

塾と学校は、なるべくフル出席でいきましょう。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年12月9日

参考図書
渋田隆之『中学受験 合格できる子の習慣 できない子の習慣』2013

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です